【最重要】保湿は美肌の絶対条件!スキンケアに保湿が重要な3つの理由

skincare
アーカイブ
MISA
MISA
保湿は大事ってよく聞くけど、保湿しないと肌ってそんなに変わるの?

輝くようなツヤに透明感のある素肌って女性の憧れですよね!

石田ゆり子さんや戸田恵梨香さんのような美しい肌になりたいと常日頃感じています…。笑

彼女たちのようなツヤ透明肌の秘密は「保湿力」にあります。肌の保湿は美の基本と呼ばれ、人気の美容家やセラピスト、プロのヘアメイクアップアーティストたちも実践しているスキンケア方法です。

この記事では、保湿ケアがなぜお肌にとって最も大切なスキンケア方法なのか、乾燥肌歴20年の筆者がわかりやすく解説します!

保湿ケアをしても肌がなかなか改善しないという人はぜひ参考にしてください。

肌はどうやって保湿している?

私たちの肌は、水分・皮脂・うるおいの3つの基本モイスチャーバランス要素から成り立っていますこの3つの要素は適度なバランスを保っていますが、日々の生活習慣や食生活、季節の変化などでバランスを崩し、さまざまな肌トラブルを引き起こします。 

肌表面の角層内に水分を保ち、乾燥や紫外線などの刺激から肌の内部を守ります。うるおい成分は細胞内の水分が蒸発するのを防ぎ、一定に保つように作用する物質です。また、水分が過剰に蒸発するのを防ぐのはうるおい成分だけではありません。肌表面に存在する皮脂膜の働きもとても重要です。皮脂膜は皮脂と汗などが混合し、肌表面からの水分の蒸発を防ぐのです。そのため、皮脂膜が適度に存在している肌はしっとりと潤って、なめらかな肌に仕上がります。

このように肌にはバリア機能と保湿機能が備わっています。日頃のスキンケアで保湿を怠ってしまうと、肌の保湿機能だけでなくバリア機能も低下させてしまうのです。肌トラブルを回避するためには保湿はとても大事だということがわかりますね。

肌に保湿が大切な3つの理由

保湿

肌を保湿することで、あなたのスキンケアが変わるかもしれません。ぜひ自分のスキンケアや生活習慣を見直す参考にしてみてください。

肌のバリア機能が高まり肌が健康になる

角層がしっかり保湿され、うるおいが保たれるようになると紫外線やホコリなど、外からのあらゆる刺激から肌を守るバリア機能が高まります。

肌のバリア機能が高まると、紫外線を反射する力が高まったり皮脂を過剰に分泌しなくなるので肌表面がなめらかになります。

肌が健康な状態に近づくので赤みやニキビなどの肌トラブルを防いだり、シミやたるみなどのエイジング悩みの予防にもつながります。

メイクノリが良くなり、メイク崩れ知らずの肌になれる

角層が充分に保湿されると、肌表面がなめらかになるのでベーズメイクノリが格段に上がります。

色むらの少ない肌を実現できるので、自然な透明感やツヤが生まれ長時間メイク直しをしなくても、メイク崩れの少ない適度にうるおった肌を実現できます。

エイジングを遅らせることができる

誰しも、実年齢よりも若く見られたいと思っているはずです。シミやシワ、たるみなどのエイジングサインが肌に出ていると、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

肌表面の保湿ケアを欠かさず行うことで、高級な化粧品を揃えなくても肌の水分量や皮脂量が適度に保たれふっくらハリのある肌を保てます。さらに、紫外線の刺激を受けにくくなるので若々しい肌を保てるようになります。

おすすめの簡単保湿ケア

洗顔

保湿が大切といっても肌や日々のスキンケアが負担になってしまうと、継続してケアをすることが難しくなってしまいますよね。今回は、毎日続けても負担にならない保湿ケアをご紹介します!

クレンジングや洗顔を保湿系のものに変える

意外と見落としがちなのが、クレンジングや洗顔などの落とすケア。化粧水や美容液の浸透が悪いと感じたことがある方や、導入美容液が欠かせない方は、ぜひクレンジングや洗顔を見直してみてください。

オイルクレンジングや洗浄力の高い洗顔は、表皮(肌表面)に必要な水分や皮脂も落としてしまいます。水分や油分を失った肌は乾燥が進み赤みが出やすくなったり、敏感になりやすくなります。

ベースメイクを保湿系のものに変える

日々の生活で昼間の活動時間のほうが圧倒的に長いはずです。空気の乾燥だけでなく、オフィスや部屋に設置された冷暖房による乾燥や車や工場の排気ガス、花粉やP.M.2.5などの目に見えないホコリからも肌を守るために、保湿ケアは欠かせません。

ファンデーションや下地を保湿系に変えることで、肌表面の水分や油分が安定しメイク崩れもしにくくなります。さらに肌を守るバリア機能も整えることができます。現在はドラックストアコスメでも高保湿な商品がたくさん発売されているので、ぜひ試してください。

乳液やクリームを塗ってから寝る

ベタつくからという理由で、クリームを塗らない方も多いのではないでしょうか?保湿クリームは化粧水や美容液で浸透させた美容成分を逃がさず肌の中に留める役割があります。

特に乳液はエイジングケアをするに当たって重要なアイテムです。メーカーによっては、乳液とクリームが一体化されている商品もありますが、乳液とクリームは別アイテムで塗ることをおすすめします。乳液を塗ることで、角層が柔らかくなりスキンケアの浸透を高めると同時に肌に弾力が生まれハリのある肌に導きます。

保湿ケアを見直して理想の肌を目指そう

スキンケア

シワやシミ、たるみといったエイジング悩みや、ニキビや赤みなどの肌トラブルは毎日の保湿ケアで予防することができます。年齢を重ねてもきれいな素肌の持ち主は必ず保湿ケアを入念に行っています。

スキンケア品を増やして保湿ケアを強化することは簡単ですが、その前に自分のスキンケアの見直しをすると意外な落とし穴が潜んでいるかもしれません。

ぜひ、コロナ禍でおうち時間が増えたこの冬はいつもよりていねいに肌をいたわってみてはいかがでしょうか?

 

3+

MISA

19,108 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧