• HOME
  • MISA
  • スキンケア
  • 【スキンケア】美容液で実感出来る役割と美容液の効果とは?肌質、悩みに応じて美容液を使い分けよう。

【スキンケア】美容液で実感出来る役割と美容液の効果とは?肌質、悩みに応じて美容液を使い分けよう。

美容液
スキンケア

みなさんは、普段のスキンケアで美容液は使っていますか?

基本的には美容液は普段使っているベーシックなケアにプラスして使用します。

シミ、シワ、美白、くすみ、毛穴…

このようなトラブルや悩みを解決して、キレイな素肌を手に入れたいですよね?

化粧水・乳液によって、肌の保湿はできますが、肌の機能を高めたり・活性を促すには限界があります。

なので美容液を普段のスキンケアに取り入れ肌を活性することをオススメします!

今回は美容液の基本を簡単に説明します。

美容液を上手に使って、美肌を目指せるようにしていきましょう。

美容液の定義とは?

美容液

基礎スキンケアの化粧水・乳液と合わせて使う美容液ですが、ちゃんとした定義をご存知でしょうか?

美容液は
「化粧水とは異なって、粘度があり、保湿機能とともにクリームや乳液のようなエモリント機能を持つもの」

と定義されています。
(※エモリント機能:化粧水の潤いを蒸発しないように皮膚に膜をはり潤いをキープする機能のこと)

感触は、さらっとしたジェル状のものから乳液のようなものまで、ざまざまなタイプがあります。

保湿だけでなく、美白やハリ弾力など商品ごとに特徴的なプラスアルファの美容効果を得ることを目的としています。

そのため肌の悩みを予防するためには美容液でのケアが効果的です。

美容液の分類について

美容液

さまざまな美容液がありますがここでは簡単に、美容液の用途別の分類をご紹介していきます。

何の美容成分を必要としているのか?何の効果を得たいのか?美容液を選ぶ際の参考にしてみてください。

肌悩み別美容液

美容液の定番とも言え、年齢とともに出てくる肌悩みに特化したものがあります。

種類も豊富で、値段もドラックストアで販売されてるものから、デパートで販売されているものまでたくさんの商品があります。

・保湿美容液
・肌荒れ改善美容液
・エイジングケア美容液
・アクネケア美容液
・美白美容液

これ以外にも今は様々なアイテムが販売されています。

 

部位別美容液

部分的な肌悩みに使う、パーツケアを目的として美容液です。

肌が薄くシワになりやすい目元や、口元、などに特化したものが多く通常の美容液とプラスして気になる部分に重ね付けする方も多いアイテムです。

・目元用美容液
・首用美容液
・スポット用美容液(シミなどの色むら部分にのみ塗るもの)

 

用途別美容液

美容液を塗った後の次に行う用途に特化した美容液のことです。

化粧水の潤いを入れるために、肌の土台を作ってくれたり、

化粧下地に入っているもの、紫外線を防止しながら美容成分を得ることのできるものなどがあります。

・導入美容液
・化粧下地タイプ美容液
・日中用美容液

効果的に美容液を使う方法

美容液

美容液は、肌トラブルの後ではなく前のケアに使うのがオススメです。

美容液は、肌に悩みやトラブルが起きた後だけに使うというよりもトラブルを起こさないようにするために使うべきアイテムです。

そのため、肌の悩みが出た後ではなく「予防」のために使う方が効果的です。

日焼けは、日焼けをしたとに日焼け止めでUVケアするより、

日焼けをしないようにUVケアした方が効果的ですよね!考え方はこれと似ています。

今の肌悩みを悪化させないよう、美容液を使い予防することはとても大切です。

季節のダメージや、今の肌悩みがどの程度のものなのか、また何を集中的にケアをしたいのかを考え、

季節の移り変わりのタイミングの前にはお手入れの見直しも兼ねて美容液を選ぶといいでしょう。

 

美容液のお手入れの順番

美容液

さまざまな用途に応じて使える美容液ですが結局、スキンケアのどのタイミングで使えばいいのか分からない…

とりあえず化粧水の後、乳液の前に使っている方が多いのではないでしょうか?

まずはお手入れの基本の手順を学びましょう。

【与えるケアの美容液】

化粧水と乳液の間に使います。

美白とエイジングなど複数種類を使用する場合は基本的に美白のアイテムを先に使用しましょう。

感触の違いで選ぶ場合はベースがみずみずしいものから先につけると浸透の妨げにならないので、お勧めです。

①ローション状
②ジェル状
③乳液状
④クリーム状

このような順番になるように塗っていきましょう。

水分の多いもの → 油分の多いもの

さらっとしているもの → とろみのあるもの

このような順番で、複数の美容液を重ねることで効果を高めることができます。

 

【日中用美容液】

UVカット効果があるものは、朝のお手入れの一番最後に使用します。

この日中用美容液は下地の効果がないものが多いため、必ず別で下地を使用しましょう。

下地を塗るか塗らないかでファンデーションののりや持ちを左右します。

あくまでも朝専用の美容液という位置づけのブランドが多いです。

 

【導入美容液】

言わずもがな、お手入れの一番初め化粧水の前に使用します。

それ以外にも様々な美容液がありますが、メーカーの推奨している使用方法で使用してください。

 

【部分使用美容液】

ベースの固さなどにもよりますが、基本はお手入れの一番最後に使用しましょう。

※一般的な手順をまとめています。配合成分や使用目的により異なる場合もあります。
※商品の説明書をみて使い分けましょう。

 

美容液の肌へのなじませ方

全ての美容液に対して言えることですが、力を入れすぎない。これがとにかく大事です。

特に美白美容液を使用する方は、

外からの刺激によって色むらの原因になるメラニンがさらに生成される場合があるため、皮膚が動かないよう馴染ませましょう。

 

エイジングケアの美容液の場合は、たるみやハリなどの悩みをケアするものなので

リフトアップするイメージで引き上げるように馴染ませましょう。

目もとのシワやほうれい線などは、利き手と反対側の手でシワの部分などを伸ばした状態でつけてもいいでしょう。

 

効果を出したいイメージを持ちながら、丁寧に馴染ませることで肌への浸透も肌変化もより感じられます。

(化粧品は医療とは異なります。ですが、使っていて気持ちがいい!なんだか効きそう!という気持ちで使うことでお手入れが楽しくなりますよ。)

季節や環境に負けない肌作りは自分に合った美容液から

美容液

美容液は肌を活性してくれるだけではなく、効果をギュッと濃縮しているものなので、

地道にコツコツお手入れを頑張ることもとっても大切ですが、いち早く美しさを手に入れるためにも必須アイテムです。

また、修復ではなく予防のために使用をすることでエイジングサインは緩やかに、美白は穏やかにですが効果が高まります。

今まで美容液を適当に塗っていた方は、手持ちの美容液の形状を確認して、なりたい肌の状態に合わせて上手に使ってください。

美容液をこれから買う予定の方は、なりたい肌の状態と、肌の悩みにあったものを選びましょう。

 

1+

MISA

19,195 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧