• HOME
  • MISA
  • スキンケア
  • 【スキンケアの基本】クレンジングにこだわっただけで美肌が自分のものに!美しい肌への第一歩のアイテム

【スキンケアの基本】クレンジングにこだわっただけで美肌が自分のものに!美しい肌への第一歩のアイテム

スキンケア

皆さんは普段使っているクレンジングをこだわって選んでいますか?

いま巷にはオイル、リキット、クリームタイプ、様々なクレンジング剤がありますね。

クレンジングはただ化粧を落とすためのものと考えてはいませんか?

クレンジングは実は美しい肌を保つために欠かせないスキンケアの第一歩です。

間違ったクレンジングの方法やアイテム選びを誤ってしまうと、知らず知らずのうちに肌の老化や

せっかくそのあとに使うスキンケアの効果実感を損ねてしまいます。

この記事ではクレンジングで美しい肌に導くためのポイントと「アイテム選び」と「クレンジングの方法」をご紹介します。

クレンジングの選び方とタイプに合った肌質

オイルクレンジング

様々なタイプのクレンジングがありますが、洗浄力が一番高いのがオイルです。

比較的さらっとした使い心地で、洗い上がりもスッキリとした洗い上がりです。

メイクとの馴染みも早く、ウォータープルーフタイプのアイメイクなどもさっと落とすことが出来ます。

【おすすめ】とにかくすぐにメイクオフしたい!すっきりと落としたい!という方におすすめです。

【肌タイプ】オイリー肌・混合肌

リキッドクレンジング

リキッドはオイルフリーのものも多く、濡れた手で使用出来るもの、

まつ毛のエクステをつけていても使用できるものなどがあります。

リキッドもオイル同様洗い上がりはさらっとスッキリとした洗い上がりです。

オイルフリーのものだと、オイルと比べたときに洗浄力が劣ります。

【おすすめ】濡れた手でも使いたい・まつげエクステでも使用出来るものが欲しい!という方におすすめです。

【肌タイプ】混合肌・オイリー肌

ジェルクレンジング

ジェルは肌への密着力がよくゼリーのような使用感がとても気持ちがいいクレンジングです。

オイルの次に洗浄力があります。

ジェルは柔らかなベースで肌に馴染むので、洗い上がりもなめらかながらもみずみずしい洗い上がりです。

【おすすめ】うるおいを残しつつもメイクはしっかり落としたい!という方におすすめです。

【肌タイプ】混合肌・オイリー肌・乾燥肌

クリームクレンジング

安心感とうるおいを求めるならやはりクリームタイプのクレンジングがお勧めです。

保湿成分をふんだんに配合し、肌表面の角質を柔らかくしうるおいを残したような洗い上がりです。

【おすすめ】乾燥が気になる・クレンジングが保湿ケアをしたい!という方におすすめです。

【肌タイプ】混合肌・乾燥肌・敏感肌

ミルククレンジング

一番肌当たりがやさしく柔らかいベースが特徴のミルククレンジング。

洗浄力は一番弱いですが、とにかく洗い上がりの保湿力重視でおだやかな洗い上がりです。

【おすすめ】乾燥して肌が敏感になりやすい・洗浄力よりも肌のうるおい保湿がしたい!という方におすすめです。

【肌タイプ】乾燥肌・敏感肌

基本のクレンジング方法

クレンジング剤の適量は、商品に記載されている使用量を基本的に使います。

大体の目安ですがポンプタイプは2~3プッシュ、チューブタイプはさくらんぼ粒大程度がベストです。

そして肌の上で馴染ませる際に、皮膚が動かない量というのが一番大切です。

クレンジング剤の量が足りないとメイクとの馴染みが遅くなり肌に負担がかかるだけではなく

肌を擦る原因になり摩擦で肌を痛めてしまいます。

クレンジングは落とすためのものなので、きちんと規定量を使い素早く負担をかけることなく落としましょう。

記載の量で少なく感じる場合、ポンプタイプであれば3~4プッシュ、

チューブや容器タイプであればマスカット大を目安にすると良いです。

オイル・リキッドクレンジング方法

①濡れていない手に適量を取り顔に馴染ませます。

(ベースに厚みがないのでゴシゴシし過ぎないよう注意してください。)

②メイク汚れが浮いてきたら洗い流します。

(毛穴などザラつきが気になる部分はソフトにクルクルと馴染ませましょう。)

③まず手を濡らします。濡らした手で顔全体をまんべんなく馴染ませます。

(きちんと乳化させることで洗い上がりがよりスッキリします)

④オイルのベースがしっかりと白くなったら洗い流しです。

(オイルのべたつきぬるつきがなくなるまで、水洗いしましょう。)

ジェル・クリーム・ミルククレンジング方法

①適量を取り、頬・額・鼻・アゴに置きます。

②内側から外側に向かってクルクルとらせんを描くように馴染ませます。

③どちらのタイプも指すべりがよくなり、ベースがオイルっぽく変化してきたらメイク汚れと馴染んだサインです。

④手のみ先に濡らします。

(ここで一気に洗い流さないのがベタつきを防ぐポイントです)

⑤顔全体に触れ乳化をします。

(全体が白くなる、もしくはさらに指すべりがよくなるのを確認してください。)

⑥乳化を確認出来たら洗い流しましょう。

(きちんと乳化した状態でないと、ベタつきが残りやすくなるので乳化の手間は惜しまずに行ってくださいね。)

※クリームタイプでふき取りが出来るものは、③のあとにティッシュでやさしくクレンジング剤をティッシュに移すように

押さえるようにしてオフしましょう。こすらないように注意してくださいね。

※ミルクタイプでコットンにとって使用出来るものは、摩擦にならないようコットンが汚れてきたら新しく取り換えてふき取りを行いましょう。

※クレンジングを行う際に大切なポイントはきちんとメイクと馴染んだかを確認することが大切です。

また洗い流しを行う際も、ほぼ全てのクレンジングに共通して言えることは乳化を必ず行う!ことです。

乳化しないまま洗い流そうとするとヌルつきやベタつきが残る原因になってしまいます。(特にクリームやミルク)

 

クレンジングでついやりがちなこと

クレンジングをするときについついやってしまいがちなことってありますよね。

「化粧をキレイに落としたいから自分の納得のいくまでずっと洗っている」

「濃い化粧を落としやすくするために肌にのせてパックみたいにしてから洗う」

➡︎NG やめましょう。

 濃いめのメイクやウォータプルーフのコスメを使ったときは少しでも化粧の落ちを良くするために、肌にクレンジング剤をのせてしばらくなじませてから洗い流す、という方も居るといらっしゃいます。

長時間、肌の上に置いていたからといって、落ちがすごくよくなる!というものではありません。

適量を肌にのせたらやさしく馴染ませて、メイクとなじんできたら丁寧に洗い流すようにしましょう。

 

小鼻や目元は指を使って重点的に洗うのはいいこと?

「気になるとことは重点的に洗っている」

「メイクをきちんと落とすためにも力を入れてゴシゴシ洗う」

➡︎NG やめましょう。

クレンジングを肌になじませながら、濃いめのメイクを落とそうと、ついつい力を入れて洗いたくなりますが指先だけで洗うとと余分な力が加わってしまいます。

手のひら全体を使い優しく滑らせながら洗いましょう。

特に目元は、他の部位と比べて肌が薄いためダメージを受けやすいです。

指を使う際は薬指のみを使うと力を入れ過ぎずに優しく洗うことができます。

また洗い流す時も、しっかりとクレンジング剤が残らないようにすすぎましょう。

20〜30回は顔をすすぐのがオススメです。クレンジング剤が残ったままだと、肌荒れの原因になってしまいます。

目もとなどのメイクで落ちづらい場合は、顔全体のクレンジング剤で無理やり落とすのではなくポイントリムーバーを使用しましょう。

顔全体を落とすクレンジングで目元をゴシゴシ落とすと、

まつ毛が抜けやすくなるだけでなく色素沈着の元、乾燥・シワなどのトラブルの元です。

少々手間かもしれませんが、自分の肌を労わる意味でもポイントリムーバーを使用することをおすすめ致します。

 

薄化粧の日はクレンジングしなくてもよい?

「今日は軽くファンデつけて、薄くアイシャドウをつけただけだから洗顔だけでいいや」

➡︎NG やめましょう。

ナチュラルメイクの日は、洗顔料だけで済ませていませんか?

この判断は、知らず知らずのうちに肌を痛める原因になっています。

ナチュラルメイクであっても、時間が経つとメイクした肌は空気中の汚れや肌の皮脂を吸着して酸化してきます。

その結果、色素沈着してシミやくすみの原因になったり、毛穴にメイクの汚れが詰まりトラブルがおきやすい状態なります。

ナチュラルメイクの日でも、ファンデーションやアイシャドウなどをつけた日は、

その日のうちにクレンジングでメイクオフをしましょう。

そして、メイクをせずに日焼け止めだけを塗っていた場合も、洗顔だけでは落としきれていない可能性があります。

洗顔料で落とせない日焼け止めはクレンジングで落とす必要があるので、

必ず自身の使っている日焼け止めが何で落とすべきものなのかを確認しておきましょう。

日焼け止めが肌に残ったままだと、肌がゴワついたり乾燥して肌荒れしやすくなります。

紫外線を浴びた肌がさらに乾燥してしまうので注意しましょう。

 

クレンジングを一新して美しい肌に

クレンジング一つで肌の美しさが二分されると言っても過言ではないくらい、実はクレンジングって大切です。

化粧を落とさないと肌のトラブルの元だとわかっていても、落とす工程を適当に行ってしまうと肌の調子を悪くしてしまう恐れがあります。

①クレンジング剤は商品記載の適量を使用する

②長時間の使用はせず、メイクとなじんだら洗い流す

③指で力を入れずに手のひら全体で優しく洗う、すすぎは十分に行う。

④ナチュラルメイクの日でも化粧品(日焼け止め含む)を使用した日はクレンジングを行

自分にあったクレンジングは一つとは限りません。

肌がゴワゴワするな~と感じる日があったり、脂っぽいな??と感じる日があったり。はたまた疲れていたり、時間が取れなかったり・・。

女性は一か月の中でもホルモンバランスによって肌状態が変化します。

タイプの異なるものを二つ以上持っておくと肌状態に合わせて、

クレンジング剤を選ぶことが出来るのでぜひ自分にピッタリのものを探してみてくださいね。

1+

MISA

19,195 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧