音楽で美肌になれる!?モーツァルトの曲は効果絶大って本当?

エイジングケア

“モーツァルトの曲で美肌になる“って聞いたことがありますか?

30代を過ぎて、肌悩みがいろいろ出てきている私にとって、音楽を聞くだけで美肌の効果があるならすごく魅力的で、この言葉を耳にしたとき鳥肌が立ちました!

 

劇的な効果でなくても少しでも効果があるなら、ぜひ試してみたい・・・

 

調べると、音楽には“音楽療法”と言われるくらい、体にいい影響を与える効果が医学的にも立証されていました。

 

この記事では“音楽が美肌に与える効果”について、調べてまとめてみました!

 

そもそも音楽療法って?

 

“音楽を聞いたり演奏したりする際の生理的・心理的・社会的な効果を応用して、心身の健康の回復、向上をはかる事を目的とする、健康法ないし代替医療 あるいは補完医療 。歌唱や演奏を行う能動的音楽療法と音楽を聴くなどの受動的音楽療法の2つに分かれる。”(引用:Wikipedia)

 

大きな病気を直すほどの力はないけれど、幸福感や生活の質を上げることで、症状を軽くしたり、リハビリの効果を高めてくれる力があるそうです。

 

実際に医療・福祉・教育の現場で活躍できる“音楽療法士”という資格がある程です。

 

エステやヨガなど、リラックスする事で効果が高まる場所で流れている音楽は、実際に心を落ち着かせてくれているんですね。

ただのスピリチュアルな雰囲気づくりだと思ってしまいがちですが、確かにああいった場所に行くと“ふ~~ぅ・・”と力が抜けていきますよね。

 

音楽療法で期待できる美肌効果

 

幸せホルモンの増加で美肌に

好きな音楽を聞くとドーパミンが分泌されます。

ドーパミンは幸せホルモンとも呼ばれ、やる気のもとになるホルモンです。

 

幸せホルモンについてはこの記事でも紹介しています!

 

ドーパミンは、細胞の代謝を活性化して新しい肌をメキメキ作ってくれます。

それが肌のターンオーバーの正常化を促し、潤ったハリのある肌を作ってくれます。

これは、ぷるぷるで内から発光してるの!?と思わせるような、韓国女性の水光肌に憧れてる、私が飛びつく効果です。

 

ストレスを減少させて美肌に

音楽を聴くことで、ストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌を抑えることができるということが分かってきています。

「コルチゾール」は皮脂の分泌を促して、ニキビやテカリ、くすみの原因になるホルモンなので、抑制すると、べたつきのない透明感のある美肌につながります。

顎のにきびに悩む私には朗報でしかありません!

 

免疫力UPで美肌に

「コルチゾール」はたくさん分泌されると、リンパ球の正常な働きを抑えて免疫力の低下を引き起こします。

つまり音楽を聴いて「コルチゾール」の分泌を抑えることは、免疫力を高めることにもなるのです。

免疫力があがると湿疹や皮膚炎が起きにくくなります。

また音楽を聴くと、免疫細胞の働きが強くなり、お肌に必要な栄養素が運ばれるようになるので、トラブルのない健康的な美肌を目指すことができます!

 

「モーツァルトの曲」で美肌になる理由

 

音楽がお肌にいい影響を与えることは分かりましたが、なかでもモーツァルトの曲が美肌に効果があると言われているのはなぜなのでしょうか。

 

肌荒れやニキビの原因の1つに自律神経の乱れがあります。

美肌効果を狙うなら、自律神経に働きかける周波数が高めの曲を選んで聴くといいと言われています。

クラシックには高周波音(3500~4000Hz)がたくさん含まれているのですが、なかでもモーツァルトの曲は特に周波数が高い曲が多いのです。

またモーツァルトの曲には、自律神経を整える効果がある「1/f ゆらぎのリズム」もたくさん含まれています。

「1/f ゆらぎのリズム」は、川のせせらぎやろうそくの炎等とも共通のゆらぎ音だそうで、それは聴いているだけでリラックスできると言われても納得しちゃいますね。

 

これらが特にモーツァルトの曲がいいと言われる理由です。

モーツァルトが意図していたのかは分かりませんが、聴いた人が科学的にもリラックス状態になれるように曲が作られているんですね。

 

このモーツァルトの音楽効果は、その自律神経を整える効果から、医療現場でも利用されたり、妊婦さんの胎教にも良いと言われています。

 

もちろんクラシックが苦手な場合、聴くこと自体がストレスになることもあるので、最終的にはジャンルに縛られず自分が好きな曲を聴くことのほうが大切です。

 

まとめ

 

  • 音楽には“音楽療法”と言われるほど、人の身心にいい影響を与える効果が期待されていて、実際に医療・福祉・教育等の現場で使われている。

 

  • 音楽を聴くと、幸せホルモンが分泌されて、ストレスホルモンが抑制される。その効果で、ターンオーバーの促進・過剰な皮脂の抑制・免疫力UP等の効果が期待でき、美肌につながる。

 

  • モーツァルトの曲はクラシックの中でも周波数が高く,「1/f ゆらぎのリズム」をたくさん含んでいるという特徴がある。それが聴いた人をリラックス状態に誘うことで、肌トラブルのない美肌に貢献する。

 

音楽を聴くだけで肌にいい効果なんて期待できるのかなぁと半信半疑でしたが、調べていると、音楽が身心に与える影響を検証した大学の論文などがたくさん出てきて、ただの噂ではないことが分かりました。

おそらく自分の“気持ちいい”という感覚で作った音楽が、実際人の仕組みとしてもリラックス状態にしてしまう音楽だったモーツァルトは、やはり天才だと思いました。

この記事を書いている途中から、少しでも美肌効果をあやかりたいという気持ちが高まってしまい、もうモーツァルトの曲を聴いていました。

歌詞もないので作業の邪魔になることもなく、ふと音楽に気づいたときに少し優雅な気持ちになれて、“あっ!今ドーパミンでたかな♡”なんて思いました。

ゴールとして美肌を目指すとしても、あまり根を詰めずに、音楽などの簡単にできる手段をうまく使いながら美容を楽しんでいけたらいいですね!

1+

MISA

19,195 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧