実は赤ちゃんとママへの影響大 妊娠中気をつけたい「体重管理」

ダイエット

妊娠してから出産するまで、ママの体型は大きく変化します。

お腹だけでなく、赤ちゃんを守るために脂肪も付きやすくなるんです。

なので体重も、短期間でどんどん増えていきます

昔は、「赤ちゃんの分と2人分、たくさん食べないと!」

なんて言われていましたが、

今は、体重が増えすぎると先生に注意されます。

妊婦健診の度に体重測定があり、時には厳しく指導されるので、

「体重の増加」は、妊婦さんの悩みの種ですよね。

逆に、つわりで食事が思うようにとれず、

体重が減る一方で、心配している方もたくさんいると思います。

今回は体重にまつわる妊婦さんが気になることをまとめています。

一緒に10ヶ月間を乗り越えましょう!

 

妊娠中の体重管理は母体と赤ちゃんにとってとても大切

妊娠中の体重、体重の増加は、お腹の中の赤ちゃんへ影響があると言われています。

痩せすぎていた場合は、

・切迫早産
・赤ちゃんが低体重で生まれる

など、赤ちゃんが十分に育つ前に生まれることで、リスクを負う可能性が上がります。

太りすぎていたり、体重が増加しすぎた場合は、

・妊娠高血圧症候群
・妊娠糖尿病
・巨大児

など、赤ちゃんも母体も危険にさらされる可能性が上がります。

栄養を取りつつ、体重管理をすることが、

母体と赤ちゃんを守るためにとても大切なのです。

 

妊娠中に推奨される体重増加

推奨されている体重の増加は、妊婦さんの元々の体型によって異なります。

自分の体型を、BMIで区分してみてください。

BMIの計算方法は

  BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例)体重50kg、身長160cmの場合

  BMI=体重(50)÷身長(1.6)÷身長(1.6)=19.5

となります。

BMI 推奨される体重増加
痩せ気味 18.5未満 9~12kg
普通 18.5以上25.0未満 7~12kg
太り気味 25.0以上 5kg

 

 

 

 

 

 

妊娠中の体重管理の仕方 いつから気をつけるべき?

妊娠初期(4ヶ月)

妊娠初期は、つわりの症状が出やすい時期です。

食べることが難しく、体重が減る方も多いでしょう。

逆に、食べづわりで何かを口にしていないと気分が悪くなる人もいます。

つわりは、自分でコントロールできるものではありません。

食べられるものを食べて、ストレスにならないようにしましょう。

 

妊娠中期(5~7ヶ月)

つわりが落ち着いてきて、なかなか食べられなかった分、

反動でたくさん食べてしまいがちになる時期です。

ここでの体重管理がとても大事!

まだ大丈夫。とつわりで食べられなかったお菓子、高カロリーな食べ物を

たくさん食べてしまうと、

妊娠後期に泣くことになります。

お菓子などは気分転換程度に抑えましょう。

 

妊娠後期(8ヶ月以降)

食事に気をつけていても、体重はお構いなしにどんどん増えていきます。

私が臨月の時には週1回の妊婦健診で、毎週1kgずつ増えていきました。

息をしているだけで体重が増えている気分になります。

和食中心のメニューで、栄養を取りつつもカロリー摂取に気をつけましょう。

負担のかからない程度に散歩などの運動も取り入れると良いです。

 

出産後の体重変化

出産後すぐには元通りの体重にはならない

出産したら体重は実際どれくらい減るのでしょうか。

お腹の中は、だいたい胎児3kg、羊水500g、胎盤500gが入っています。

合計で約4kgなので、

10kg体重は増えていても、産んですぐは4kg程度しか減りません。

胎児、羊水、胎盤以外にも血液の増加や、脂肪分があるんですね。

 

母乳育児は体重が減りやすい

母乳は、母体の血液からできています。

母乳を作るために、多くのエネルギーが消費されているんです。

1日の授乳で約350kcalも消費されていると言われており、

これは運動に置き換えると、1時間以上のジョギングに相当します。

なので、摂取カロリー(食事)が妊娠前と変わらなければ、

自然と痩せていくでしょう。

ただ、授乳をしているとお腹が空きやすくなるんです。

母乳を作るために栄養は必要な為、

たくさん食べることは大切ですが、

高カロリーすぎるもの、ジャンクフード、お菓子などを

食べ過ぎないように気をつけましょう。

 

断乳後は太りやすい

気をつけたいのが、断乳後です。

授乳しているとお腹が空きやすくなり、たくさん食べてしまいがちです。

さらに授乳でのエネルギー消費で、食べている割には体重が増えません。

なのでたくさん食べる食生活が習慣化してしまいます。

断乳後、その食生活を改善できず、

消費カロリー<摂取カロリー

の状態が続いてどんどん体重が増えて行くパターンは多いので

気をつけましょう。

 

おわりに

上記でお伝えした通り、妊娠中の体重管理はとても大切なことです。

でも、ママがストレスを感じずにゆったりした気持ちで

妊娠期間を過ごせることもとても大切です。

気になることがたくさんありすぎて、

時間ができれば、ついつい色々スマホで検索してしまいますよね。

スマホは置いて、何も考えずにホッと一息つく時間を

1日の中で作ってみてください。

妊娠中に気になることのもう一つ「食事」。

「食べていいもの」「食べない方が良いもの」についてはこちらで紹介しています。

妊娠中の食事 「食べていいもの」「食べた方がいいもの」徹底解説

1+

MISA

19,195 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧