【美容編】20代のうちに絶対にやるべき3つのこと

20代のうちにすべきこと
アーカイブ

 

仕事に恋愛に趣味に・・・いろいろなことに忙しい20代。

20代は働き出して自分でお金を稼ぐようになると同時に、自由に使えるお金と時間が増えますよね。

化粧品や洋服、趣味などにお金をかけたり、友達と飲み会に行ったり旅行に行ったり、お金も稼ぎながらプライベートも全力で楽しめるのが20代の魅力です。

そんな自分で稼いだお金を自由に使える20代のうちに、美容で絶対にやっておくべきことがあるなら気になりませんか?

困ったちゃん
困ったちゃん
20代のうちにやるべき美容のことって?
お金をかけてでも今やるべきことは?
今のうちに美容でできることは?

後々もっと早くにしておくべきだった・・・と後悔しないための、20代のうちに美容で絶対にやるべき3つのことを紹介します。

 

歯のホワイトニング

20代のうちにやるべきこと

まず1つ目は、歯のホワイトニングです。

歯のホワイトニングは、接客業や人と接する職業の人以外でもやるべきです。

歯が白いだけで清潔感が出るのでそれだけでも印象が良くなりますし、何より笑顔や自分に自信を持てます。

歯のホワイトニングには2種類あり、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングと、自分で行うホームホワイトニングです。

では、それぞれのメリットやデメリットを説明していきます。

 

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、専用の薬剤とレーザーを使用して歯を白くする方法です。

ホームホワイトニングの場合でも薬剤を使用しますが、オフィスホワイトニングではより濃度の高い薬剤を使用します。

そのため、ホームホワイトニングよりも短期間で効果が現れるというメリットがありますが、ホームホワイトニングよりも色が戻りやすいというデメリットがあります。

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、その名の通り自宅で自分で行うホワイトニングです。

まずは、歯科医院で歯形をとってマウスピースを作成し、あとは自宅で専用の薬剤をマウスピースに塗り、2〜4週間、数時間はめるだけです。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングよりも、低濃度の薬剤を使うため効果が出るまでに時間がかかりますが、逆に安全で効果が長く続くというメリットがあります。

 

2つのホワイトニングの併用がベスト

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することにより、短期間で歯を白くし、効果を持続させることができます

ホワイトニングは自由診療となるため、歯科医院によって料金に違いがありますが、相場は1〜5万円ほどです。

ホームホワイトニングは、初回にマウスピース作成がありますが、その後は追加の薬剤を購入して自宅でできるので、忙しい人でもホワイトニングを行うことができます。

ホワイトニング効果を急がない人は、ホームホワイトニングだけでも歯は十分に白くなりますし、費用がかなり抑えられるのでオススメです。

また、歯がキレイだとそれだけで自信がつくので、歯の色よりも歯並びの方が気になる人は、早めに歯列矯正をすることもオススメです。

 

全身脱毛

20代のうちにしておくべきこと

2つめは、全身脱毛です。

全身脱毛は自分でお金を稼ぎ出したら、早めにやるべきです。

毛の問題は一生付き合っていかなければいけませんし、自己処理は時間がかかりますしかなり手間ですよね。

そして20代は、突然同棲や結婚をすることになる可能性もあるので、全身脱毛をしておけば毛のことを気にせずに、より気楽に過ごせます。

脱毛には何種類かありますが、その中でもオススメで人気なのが光脱毛医療レーザー脱毛です。

では、この2つの脱毛のメリットとデメリットを紹介します。

 

光脱毛

光脱毛はフレッシュ脱毛とも呼ばれ、短時間・低価格で施術が可能なので人気が高い脱毛方法です。

その名の通り光を照射脱毛してく方法で、広範囲に光を照射できるので1回の施術時間が短く、費用も安い傾向にあります。

さらに痛みも比較的少ないですが、マシンの出力が弱いので効果が得られにくい場合があります。

そのため通う回数も多くなり、10〜15回以上を約2年間通うことが多いです。

 

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも強い出力のレーザーで脱毛する方法で、熱で毛根を破壊する方法です。

光脱毛と共通のメリットは、1回に広範囲の施術を行えるので施術時間が短いところです。

さらに医療機関で高出力で行うため、光脱毛よりも少ない5〜8回で施術が終わり、効果の高い永久脱毛ができます。

しかし、その分痛みを感じやすいのと、光脱毛よりも1回あたりの施術費用がかなり高いです。

 

今は光脱毛でもOK!

光脱毛と医療レーザー脱毛のどちらをするのか迷う人は多いと思いますが、20代でお金がまだそんなにないうちは、光脱毛でも全然OKです。

出力が低いとはいえ、しっかりと通えば毛が生えるスピードは確実に遅くなり、自己処理の回数が減るのでかなり楽になります。

毛が全くなくなるのは難しいですが、自己処理の回数が月に2回とかに減るだけでも全然違いますよね。

光脱毛で生えるスピードが遅くなった毛や確実に生えてほしくない部位がある場合は、美容にかけるお金に余裕が出来るようになってから医療レーザー脱毛に数回通うのがオススメです。

 

パーソナルカラー診断

20代のうちにしておくべきこと

3つ目は、パーソナルカラー診断です。

パーソナルカラーとは、もともとの髪の毛の色や瞳の色などのさまざまな要素から判断し、自分をより魅力的に見せることができるカラーのことです。

自分のパーソナルカラーを知っておくだけで、自分に似合う洋服やメイクの色味、髪色など色に関するものの色選びがしやすくなります。

 

パーソナルカラーを診断する方法

パーソナルカラーは大きく分けると、春(スプリング)・夏(サマー)・秋(オータム)・冬(ウィンター)の4つに分類さ、それぞれの分類によって似合う色味や質感が変わってきます。

パーソナルカラー診断は、プロの人に一度みてもらうことが一番です。

値段はバラバラですが、相場は1万円前後です。

自己診断で見分ける方法もありますが、自分でやるとどうしても自分の思い込みが入ってきてしまうので、正確な診断が難しいです。

他にも、自分の顔写真を送るとパーソナルカラーを無料で診断してくれるサイトもありますが、写真を撮る状態や光の具合によって診断結果がコロコロ変わるので、参考にする程度にしましょう。

パーソナルカラーは生涯変わることがなく一生使える知識なので、20代のうちにプロの人に正確にみてもらうことがオススメです。

 

パーソナルカラーがわかっている人は、パーソナルカラー別の似合うメイクを紹介するにゃ!

 

まとめ

20代のうちにしておくべきこと

いかがだったでしょうか?

20代になったらすぐに、歯のホワイトニング、全身脱毛、パーソナルカラー診断の3つにお金をかけても、後悔することはないと言い切れるくらいこの3つはオススメです。

どれもその場限りのものではなく、この先も効果があるものだったり、一生使える知識なので早いうちからやっておいて損はありません。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

1+

MISA

19,195 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧