16時間ファスティング(断食)でこの夏は確実に痩せる!

ダイエット
悲ぶーちゃん
悲ぶーちゃん
夏はもうすぐだから痩せたいけど、おいしいものが食べたくなって、いつもダイエットが続かないよー。
MISA
MISA
おいしいものの誘惑には負けちゃうよね。
でも「食べるもの」を我慢するんじゃなくて、「食べる時間」を我慢する。
ならできるんじゃない?
ぶーちゃん
ぶーちゃん
「食べる時間」を我慢する?
MISA
MISA
そう!食べてもいい時間を守れば、痩せられる方法があるよ。紹介していきまーす!

16時間ファスティング(断食)とは?

ご存知の通り、1日は24時間ですよね。

16時間ファスティング(断食)とは、

1日のうち16時間、「何も食べない時間を作る」ということです。

つまり、8時間以内に1日のすべての食事をとることになります。

なので、「8時間食事術」とも呼ばれています。

ダイエットといえば、糖質制限ダイエット、低脂質ダイエット、低カロリーダイエットなど、「何を食べるか」を食事管理するダイエット方法がメジャーですよね。

16時間ファスティング(断食)は、「何を食べるか」ではなく「空腹の時間」に重点を置いたダイエット方法です。

「空腹の時間」を作ることで、どのような効果があるのかを次に紹介します。

 

16時間ファスティング(断食)の効果

生まれてから不眠不休の内臓を休ませられる

一般的には、1日に朝・昼・晩と食事をとることが理想とされていますね。

ですが、現代人の食生活では、1日3食とっていると高カロリーになっていることが多いんです。

また、毎日3食とることで、内臓は無休で働き続けていることになります。

体が成長する若い頃は、1日3食とることは大切です。

しかし、年齢を重ねると働き続けている内臓は疲弊しやすく、本来の働きができなくなっていきます。

ファスティング(断食)することで、カロリーを過剰に摂りすぎることを防ぎ、また、内臓を休ませる時間をとることで、内臓は本来の働きを取り戻すことができるのです。

内臓が正しく働くと血液循環が良くなり、基礎代謝が上がって痩せやすい体になります。

また、体内の毒素や、老廃物を排出する機能も回復されるため、

体内がデトックスされ、肌が美しく再生されるという効果もあるんです。

脂肪が分解されて、古い細胞も新しく生まれ変わる

次に、なぜ16時間なのかについて説明します。

まず、何も食べない時間が10時間を過ぎて、やっと体内の脂肪が分解され始めます。

そして、ファスティングの最大の効果とされる「オートファジー」が、16時間で機能するため「16時間」のファスティングなのです。

オートファジーとは、人間の体内の古くなった細胞を新しく生まれ変わらせることを言います。

オートファジーが機能すると、細胞や組織が新しく生まれ変わり、活性化されるため、アンチエイジングにも効果があるのです。

また、この細胞が生まれ変わることで、「糖尿病」「がん」「心筋梗塞」「認知症」の予防にも効果があるとも研究の上、発表されています。

16時間ファスティングをすることで、

・脂肪の分解
・アンチエイジング
・健康

この3つの効果を得ることができるのです。  

16時間ファスティング(断食)の効果を上げるやり方

食事時間は20時までにする

16時間ファスティングは、1日の中で16時間の空腹時間を確保できれば、どの時間帯で行っても効果は得られます。

もちろん寝ている時間も空腹時間に含まれますので、自分のライフスタイルに合わせて計画すればOKです。

ただ、効果を上げるためには、夜20時以降の食事は避けましょう。

可能であれば18時までに食事を終えるのが理想です。

理由は、単純に「寝る前に食べたら太る」からです。

寝ている間は、食べた分のエネルギーをあまり消化できません。

さらに、午後22時〜午前2時の間は、エネルギーが脂肪に変わりやすい時間帯です。

寝る直前に食事をとると、そのエネルギーは消化されることなく脂肪へと変わっていくのです。

その理由もあり、16時間ファスティング10時〜18時を食事時間とする人が多い傾向にあります。

仕事で帰宅時間によっては、12時〜20時でも良いでしょう。

水分補給はこまめに水を1日2リットル飲む

何も食べない時間は、水分補給をしっかりとしてください

水をこまめに、毎日2リットル飲むことで効果を高められます

こまめに水を飲むことで、体内の古い水分が排出され、一緒に老廃物も排出されます。

また飲み続けることで、体内の水分の吸収と排出の循環が早くなり、体の代謝が上がってダイエットへ繋がります。

たくさん飲むことで効果は上がりますが、2リットル以上は過剰摂取となるので、1日2リットルを毎日の日課にすると、より効果が得られるでしょう。

まとめ

ファスティング(断食)と聞くと、ハードなダイエットのイメージがありますが、16時間ファスティングであれば続けられそうですよね。

16時間ファスティングを続けていると、胃が小さくなってくるため、「1日、3日、一週間のファスティング」にも挑戦できると思います。

より効果が得られる、「1日、3日、1週間のファスティング」の方法については、

こちらで詳しく紹介しているので、16時間ファスティングに慣れてきたら是非挑戦してみてください。

ファスティングはダイエットだけじゃない!美容への効果と正しいやり方

1週間から始めるファスティングダイエットのメリット・デメリット

ダイエットは継続が大事です。

「食べるものを我慢」ができなくても「食べる時間を我慢」なら続けられるのではないでしょうか。

 

ぶーちゃん
ぶーちゃん
「食べる時間」を我慢ならできそう!
ダイエットも美容も健康もこの夏は手に入れるブー!

 

1+

MISA

19,196 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧