正しい紫外線ケアできてる?紫外線徹底ケアでエイジングレス肌を手に入れよう!

エイジングケア

平成から令和に時代が変わってから早1年。時が経つのはとても早いですね。

寒い冬が終わり、汗ばむ季節になってきました。そこで気になるのが「紫外線」。

紫外線が美肌の大敵だということは、みなさんご存知だと思いますし、今や紫外線ケアは女性のみならず男性も常識的なケアとなってきました。

 

しかし、なかなか紫外線ケアを正しく行うことができているという人は実は少ないのです。

正しくケアできていないと、美白化粧品の効果を半減させてしまうだけでなく、エイジングの肌悩みを加速させてしまうこともあるのです。

 

そこで今回の記事は、美肌の大敵紫外線を徹底解説!

この記事を読んで正しい紫外線ケアをしてエイジングケアの効果を倍増させていきましょう。

 

紫外線とは

まず、そもそも紫外線とはなんなのか?

肌に悪い目に見えない光という事しか知らない人が多いと思います。

紫外線とは太陽から浴びせられる光の一種の波長です。赤外線や可視光線と呼ばれるものに分類されます。その中でも波長の長い物を紫外線と呼びます。フロン等によりオゾン層が破壊されると、地上において生物に有害な紫外線(UV-B)が増加し、生物への悪影響が増大することが懸念されます。

 

紫外線の種類

紫外線には種類があり、それぞれ肌に与える影響が違います。

太陽からの日射は、波長により、赤外線、可視光線および紫外線に分けられます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。紫外線(UV)の中でも、波長の長いほうからA・B・C と大別されています。フロン等によりオゾン層が破壊されると、地上において生物に有害な紫外線(UV-B)が増加し、生物への悪影響が増大することが懸念されます。

 

UV-A

紫外線の中でも一番波長が長い紫外線です。シワの原因となる紫外線です。肌の真皮(目に見えない肌の奥の部分)まで到達します。肌の真皮層にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など肌の水分保持やハリに必要な美肌成分が詰まっています。UV-Aはその美肌成分を破壊してしまいます。コラーゲンやエラスチンなどが破壊されてしまうと肌に弾力性がなくないシワになってしまいます。

 

UV-B

UV-Aよりも波長は短いのが特徴で、シミの原因となる紫外線です。肌の表皮(目に見えている肌部分。一般的に皮膚と言われている部分)まで届く紫外線です。肌の表皮の一番下部分には、メラノサイトと言われるメラニンを出す細胞が存在します。UV-Bを浴びるとメラノサイトからシミの原因となるメラニンが大量に発生し、肌表面に出てくるとシミとなってケアが難しくなってしまいます。

 

UV-C

紫外線の中でも一番波長が短い紫外線です。地上には届かない紫外線なので注目されることが少ないのが特徴です。

 

最近注目されている太陽光

ルーライト

可視光線の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持ちます。青色光と呼ばれ、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトを浴びると、脳が昼間だと勘違いし、睡眠に必要なメラトニンというホルモンの分泌を抑制してしまいます。

メラトニンの分泌が抑制されると、睡眠障害が起きてしまいます。睡眠が十分とれていないと、美白ケアの効果が半減してしまいます。

最近では、市販の日焼け止めや美容クリームにブルーライトカットができるスキンケア品も増えてきているので、パソコンやスマホを触る機会が多い方は、ぜひブルーライトカットができるスキンケア品を選ぶようにしてください。

 

近赤外線

赤外線という言葉を知っている人はここ数年で増えてきました。赤外線は体を芯から温める効果があり、サウナや美容機器にも応用されている光です。太陽光の中で唯一身体に有効な光と言えます。しかし、ここ数年赤外線の中にも身体に有害な光があることがわかってきました。その光が近赤外線です。近赤外線はUV-AやUV-Bよりも波長が長く、肌の真皮のさらに奥の皮下にまで浸透してしまいます。肌のたるみの原因のひとつがこの近赤外線と言われています。

近赤外線カットができる日焼け止めも薬局や化粧品専門店で販売されているので、たるみが気になる方は、近赤外線カットの日焼け止めを選ぶといいでしょう。

 

紫外線量が多い季節はやつだけじゃない!?

紫外線は夏に降り注ぐから夏以外の季節は紫外線ケアをしなくても大丈夫!と思っていませんか?

実は、紫外線は1年中地上に降り注いでいます。

春、夏、秋、冬の4つの季節で、紫外線量をご紹介します。

 

春(3・4・5月)

気温、湿度共に上昇し空気が一気に入れ替わり、出かける機会も増えるので紫外線が気になりだす季節です。

春は1年の中でも紫外線量が多い季節で、特に5月は紫外線量が8月に次いで2番目に多い月なのです。

冬にしっかり美白ケアや保湿ケアをしていても、春に紫外線ケアを怠るとシミやくすみケアの効果が半減してしまうので要注意です。

 

夏(6・7・8月)

1年を通して一番紫外線量が多い季節です。8月が一番紫外線量が多いので、少しのお出かけでも日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。さらに、日傘やサングラスで徹底的に紫外線ケアをすることもおすすめです。

汗をかきやすい人やテカリやすい人、メイク崩れが気になる人はこまめに日焼け止めを塗り直しましょう。

 

秋(9・10・11月)

夏の疲れが出やすい季節です。またこの季節は気温や湿度も一気に下がります。保湿ケアに注力しがちですが、日本は残暑が厳しい国でもあり、地域によっては真夏日が続くこともあります。冬の保湿ケアを高めるためにも、紫外線ケアは夏同様入念に行う必要があります。

 

冬(12、1、2月)

気温も湿度も最も低い冬場。多くの人が冬は日焼け止めを塗らないという人が多いです。

確かに、冬場は紫外線量も低いですが雪などの照り返しで紫外線は肌に浸透してしまいます。この季節は保湿ケアを入念に行い美白ケアを行う人が多いですが、紫外線ケアも同時に行いましょう。

 

紫外線量が多い地域

気象庁の資料では、東日本よりも西日本の方が紫外線量が多いと発表されています。

太陽の高さが地域によって違うため、紫外線量にも違いが出てくるのです。

北海道の札幌と沖縄の那覇市とでは約2倍紫外線量が違うとされています。

 

部屋の中にいても日焼けする?

新型コロナウイルスの影響で外出が自粛されてるので、紫外線は浴びていない!と思っている人も多いと思います。

窓ガラスは紫外線を70%も透過させてしまいます。室内でも紫外線ケアをするためには、UVカットフィルムなどを窓ガラスに貼るなどの対策がオススメです。

レースカーテンなどをしていても、レースの隙間から紫外線が入り込み、カーペットやフローリングに反射して肌に浸透することもあります。

紫外線が地面で反射する反射率は10~30%と低い数値ですが長時間浴び続けるとシミやシワを加速させてしまう危険性もあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

紫外線は地域や時間、季節によって降り注ぐ量に違いが出てきます。

1年を通して紫外線ケアすることの大切さがご理解いただけたかと思います。

美白ケアや保湿ケアをしっかりしていても、シミやくすみがなかなか消えないという人は紫外線ケアを間違っているかもしれません。

 

正しく紫外線ケアをすることで、美白ケアの効果を倍増させることもできます。

新型コロナウイルスの影響で外出しない日が続いていますが、洗濯物を干す時やスーパーへの買い物、車の中など紫外線を浴びる機会はたくさんあります。ぜひ、紫外線ケアを徹底して美しい肌を手に入れましょう!

 

1+

MISA

19,196 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧