ナチュラルコスメでスキンケアを始めよう!アロマで肌質別ケア

スキンケア

最近、色々とナチュラルなものがブームになっていますよね。

肌触りの良いタオルや環境に優しい洗剤など…

実は、肌に使用するナチュラルコスメもスキンケアとして使用すると肌にも優しく、環境にも優しく、そしてアロマの効果で、自分の持つ本来の美しさを取り戻してくれると話題です。

こんなお悩みありませんか?

どんな基準でナチュラルコスメを選んだら良いのか分からない…

化学成分を使用したコスメだと肌に合わない…

ナチュラルと書いてある製品が多くて悩んでしまう…

ナチュラルコスメやナチュラルコスメもどきの製品など、沢山の種類が市場で出回っていますので、本当にナチュラルコスメなのか、自分の肌質に合ったものなのかを見極める必要があります。

今回は、ナチュラルコスメとそうでないケミカルコスメの違いから肌質別の選び方までお伝えしていきます。

ぜひ、ナチュラルコスメをスキンケアで取り入れて、アロマに癒されてみませんか。

 

ナチュラルコスメとケミカルコスメの違い

最近多いのが、ナチュラル成分配合や自然派化粧品などのPR文をよく見かけます。

実際に成分表を見てみると、一部の成分で植物由来の成分を使用しているのみで、成分の大半はケミカル(化学成分使用)だったりします。

では、ナチュラルコスメとそうでないケミカルコスメの違いをみていきましょう。

 

ナチュラルコスメ

ナチュラルコスメの中でも、オーガニックコスメと呼ばれるものが成分のほとんどが植物由来の成分でできているものです。

元々、オーガニックとは化学農薬を使用しない有機農業のことです。

本来のオーガニックコスメとは有機農業によって栽培された植物から採れた成分を使用しているコスメですが、日本ではオーガニックコスメの認証が確立されていないので、少量のオーガニック成分を使用しているだけでオーガニックコスメとして販売されているものも多いです。

 

ケミカルコスメ

一方、ケミカルコスメとは化学成分を最大限に使用したコスメのことです。

市販されているものやエイジングケア系のコスメはケミカルコスメがほとんどです。

防腐剤などもきちんと使用しているので、コスメ自体の持ちがよかったり、ビタミンなどの化学の力を取り入れているので、比較的即効性があり、その分肌に負担がかかりやすいコスメです。

 

ナチュラルコスメのメリットとデメリット

ナチュラルコスメは肌に良いとよく耳にしますが実際にはいくつかメリットがあり、そしてナチュラル故のデメリットもあります。

メリットとデメリットを比較していきましょう。

 

【メリットその1】肌に負担をかけにくい

ケミカルコスメが即効性のあるものが多く、そして肌に負担をかけてしまう事に対して、ナチュラルコスメは即効性のあるものは少ないですが肌に負担をかけにくいです。

特に敏感肌の場合には、化学成分は肌に合わないというケースも多く、そういった際にはオーガニックコスメだと肌が反応することなく使用できる方も多いです。

 

【メリットその2】環境や動物にも優しい

オーガニックコスメは有機栽培で採れた成分を使用していますが、アロマオイルを使用しているものがほとんどのため、例えば洗顔など洗い流すものを使用した際にも環境に優しいです。

また、ナチュラルコスメは植物由来成分使用なので、動物由来成分を使用していないものがほとんどなので動物にも優しいです。

化粧品は主に、販売する前、開発時に動物でテストを行い、次に実際にヒトにテストを行いますが、特にオーガニックにこだわっているブランドでは、動物実験を反対しているブランドがほとんどのため動物にも負担をかけることなく、ヒトでテストを行い製品化しています。

 

【メリットその3】香りでも効果が得られる

ナチュラルコスメでは、植物由来成分、アロマオイルを使用しているので、アロマテラピー効果も得られます。

アロマオイルは肌に作用する効果だけでなく、使用した際に香りによって心に働きかけるので気分を落ち着かせたり、リラックス効果などがスキンケアをしながらプラスの効果として得られます。

特に仕事や育児に追われている方は、朝のスキンケアでその日のモチベーションを高めたり、夜のスキンケアで1日の疲れをスキンケアをしながら一緒にケアすることができます。

 

【デメリットその1】使用期間が短い

ケミカルコスメに比べて、ナチュラルコスメは化学的な防腐剤を使用していないため、開封してからの使用期限がとても短いです。

アロマオイルは防腐剤を使用していないと酸化して香りも、成分も変化してしまいますので、常にいくつかの製品をその日の気分によって変えている方には不向きです。

一度使い始めたら使用期限内で使い終えられるように継続して使用していく必要があります。

ただ、言い換えれば、常に新鮮な製品を使用していることになります。

 

【デメリットその2】成分によって価格が違う

ナチュラルコスメで使用しているアロマオイルは、単体で購入した経験がある方はご存知かもしれませんが種類によって価格に差がとてもあります。

化学成分に比べて、通常のアロマオイルを使用しているものだけでもお値段が倍くらいは変わってきますが、特になかなか採るのが難しい希少価値の高い一部のローズやフランキンセンスなどのアロマオイルは倍以上お値段が張ります。

また、アロマオイルのブランドやグレードによっても若干香りなどが異なるため、価格も倍くらい異なってきます。

 

肌質別アロマオイルのおすすめ

ナチュラルコスメで必ず使用しているといっても良いアロマオイルにも、沢山の種類があり、種類によって効果も異なってきます。

自分に合ったナチュラルコスメを選ぶために、成分をチェックしてアロマオイルの種類を確認するのが確実です。

肌質別におすすめのアロマをご紹介していきますので、どのナチュラルコスメを使用しようか悩んだ際の参考にしてみてください。

 

乾燥肌におすすめのアロマ成分

・ローズ

乾燥した肌の保湿効果が高く、肌の生まれ変わる力を高めてハリやキメを整えます。

また、抗炎症作用もあるので乾燥による肌トラブルなどにも良いとされています。

 

・サンダルウッド

乾燥して硬くなった肌を柔らかくし、水分のバランスを整え保湿効果があります。

香り自体にも、気分を落ち着かせる効果があるので、特に夜寝る前に使用するとリラックスできますよ。

 

敏感肌におすすめのアロマ成分

・ラベンダー

ラベンダーは昔、傷などの薬として使用されていたという位、肌の抗炎症作用が高いオイルです。

肌を落ち着かせながら保湿してくれるのでよく敏感肌用のナチュラルコスメに用いられることが多いです。

 

・ネロリ

オレンジの花から抽出されたオイルで、甘さや深みのある香りが特徴です。

保湿効果が高く、抗炎症作用も高いので肌が荒れやすい敏感肌や、季節の変わり目に揺らぎやすい肌におすすめのオイルです。

 

オイリー肌、コンビネーション肌におすすめのアロマ成分

・イランイラン

オリエンタルなお花の香りのイランイランは、皮脂分泌を調整するオイルなので、皮脂が出やすいオイリー肌や部分的に皮脂のバランスが崩れているコンビネーション肌に最適です。

香りには、女性ホルモンを整える効果があるのでホルモンバランスの乱れによる肌荒れにも良いですよ。

 

・ジュニパーベリー

ちょっと難しい名前の植物ですが、お酒のジンの香りづけとしても使用されている植物です。

皮脂を抑え、抗炎症作用があるので、皮脂がでやすい部分にニキビや吹き出物ができやすい場合にとても使いやすいです。

 

まとめ

いかがでしたか?

ナチュラルコスメは肌にも環境にも心にも優しいコスメなので、ぜひ取り入れてナチュラリストに近づいてみてくださいね。

ただ、植物のアレルギーを持っている場合にはアレルギーの植物成分の入っているものは選択肢から除外した方がよさそうです。

特にアレルギーのない方も、一度パッチテストなどを行って異常がないことを確認してからの方が安心して使用できますよ。

リラックスしながら、自分の肌の持つ本来の美しさを手に入れて、より日々の生活を楽しんでくださいね!

 

1+

MISA

19,195 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧