夏の汗で肌トラブル急増!ニキビやメイク崩れをしないためにやるべきこと

夏 スキンケア 汗
アーカイブ

暑い季節になってくると増加する汗をかいた時の肌トラブル…肌がべたついてテカリ、肌荒れやメイク崩れなど、どうしても気になっちゃいますよね。

 

実はその汗による肌トラブルは簡単なケアをするだけで対策ができるってご存じでしたか?

今回は、テカりやニキビ、メイク崩れ、かゆみに対応するそれぞれのケアをお伝えしていきます。

この機会に、今までの悩んでいた肌トラブルから解放されて、肌本来の美しさを取り戻してみてください。

 

汗でテカらない肌のための時間別対策

夏 スキンケア トラブル

汗をかいた時のトラブルで一度は経験したことがある方も多いのが肌のべたつきです。

肌がべたつくと、不快感だけでなく顔のテカリにもつながってしまいます。

これは、汗をかくことで水分が抜けてしまい、その水分が蒸発することによって油分だけが目立ちやすくなっている状態です。

 

朝のスキンケア編

べたつき対策としての朝のスキンケアは、きちんと洗顔を行う事です。

寝ている間にもお肌は過剰に皮脂が出て汚れがついている状態です。

この汚れを残したままにしてしまうと、時間が経つにつれてより肌のべたつきにつながります。また、この汚れは油分なので、お水やお湯では落ちません。

そのために、洗顔を使用して肌を清潔に保つことで日中のべたつき対策になります。

 

日中・外出編

べたついた肌の日中、外出時の対策としてはフェイスミストの使用がベストです。

水分が蒸発することで余計にお肌のべたつきにつながってしまうので、定期的な水分補給をすることでべたつきの対策になります。

使用方法としては、フェイスミストを30cmほど顔から離してつけることでお肌への水分補給と過剰に出たべたつきを整えてくれます。

ポイントとしては、できるだけ粒子の細かいものを使用するとメイク直しの際にもムラにならずに仕上げることができます。

 

夜のスキンケア編

夜のお肌は中のメイク汚れとべたつきが混ざり、肌に汚れが蓄積されている状態です。

この汚れを残したままでは、化粧水の入りをブロックしてしまい余計に水分蒸発しやすいお肌の環境をつくってしまいます。

1日の終わりにその日の肌の汚れも、疲れも一緒に落としてしまいましょう。

クレンジングでメイク汚れと過剰に出たべたつきを溶かし、洗顔で綺麗に落としてください。

汚れを綺麗に落とすことでいつもより化粧水の入りの違いを感じられるはずです。

 

根本からテカらない肌をつくるには

肌のべたつきを気にしない肌をつくるには、潤ったお肌にすることが一番近道です。

そのためには普段使用している化粧水の効果を最大限発揮するために角質ケアがおすすめです。週1~2回、フェイススクラブやピーリングを行うことでお肌に残ってしまった不要な角質を取り除き、化粧水の入りを良くする土台を作ってくれます。

フェイススクラブやピーリングを行う際には、肌を傷つけないようにこすりすぎないようにだけ注意してくださいね。

 

急増するニキビなどの肌荒れのためにできる対策と予防

夏 スキンケア トラブル

汗が出やすい季節に急増してくるのが、ニキビや吹き出物などの肌荒れですよね。

暑くて汗をかくことで、毛穴に汚れがたまりやすくなり炎症を起こしてニキビや吹き出物につながってしまいます。

 

ニキビなどの肌荒れができてしまった時のスキンケア

一度できてしまうと1日テンションが上がらなくなるニキビや吹き出物…できてしまった時に普段どのような対策をすれば良いのでしょうか。

答えは、お肌を落ち着かせるケアを行うことで長引かずに済みます。

ニキビや吹き出物がでた時、その期間だけ化粧水や保湿剤などの毎日朝晩使用する固定のスキンケアアイテムを、お肌の炎症を落ち着かせる効果の高いもの、具体的にはビタミンBが配合されたものがベストです。

ビタミンBは、お肌の抗炎症や鎮静効果が高く、お肌の修復にも良いとされているビタミンです。よく肌荒れ対策の栄養ドリンクやサプリメントにも入っています。

 

ニキビなどの肌荒れができそうなときのスキンケア

肌がうずうずっとしてニキビや吹き出物ができそう!という時、そのまま放置しているとあっという間にニキビや吹き出物に変身してしまいます。

そんな時は、今以上炎症を起こさないように毛穴の汚れをケアしてあげるのが良いでしょう。

毛穴の汚れを掃除できるアイテム、泥パックを使用することで毛穴の汚れを取り除き、ニキビや吹き出物に変身するのを防いでくれます。

泥パックは、ニキビや吹き出物に使用しても大丈夫なマイルドなタイプのものを使用してなるべく刺激を与えないようにするのがポイントです。

 

ニキビなどの肌荒れができない肌をつくる

ニキビや吹き出物などが発生しないようにするには、日常的に肌の汚れを取り除くことが大事です。

特に汗によって汚れがたまりやすい季節には、洗顔で穏やかにピーリング効果のある毎日使用できるものを使用することでニキビや吹き出物の予防になります。

具体的にはサリチル酸などが入った洗顔を選ぶと肌の不要な汚れを落としながらお肌を清潔に保ってくれますよ。

 

毛穴落ちなどのメイク崩れをしない簡単ベースメイクのつくりかた

夏 スキンケア

夏になると起こりやすい毛穴落ちやファンデーションのよれ…これも実は汗が原因になっていることが多いです。

汗をかくことで水分が蒸発し、油分が目立った状態になり、さらにその油分とファンデーションが混ざってしまうことで毛穴に落ちてしまったり、ファンデーションのよれにつながります。

この毛穴落ちなどのメイク崩れもベースメイクの仕方1つ変えるだけで崩れにくくなりますよ。

 

メイク崩れ知らずのベースメイクの作り方(化粧下地編)

まず、メイク崩れをしないベースメイクの作り方の基本となるのが化粧下地の使用です。

最近化粧下地を使用しない場合も結構多いのですが、元々の化粧下地の役割ってファンデーションの密着を高めて崩れにくくするものなんです。

朝のスキンケア後、ファンデーションの前に、化粧下地を使用するだけで格段に崩れにくくなります。

化粧下地の選び方は、汗をかきやすく、全体的にべたつきが気になる方にはテカり防止下地を使用することで余分な皮脂を吸収してくれるので崩れにくくなります。

Tゾーンのテカりだけが気になる方は、部分用のテカり防止下地を使用することでTゾーンだけをマットな状態にしてくれます。

 

メイク崩れ知らずのベースメイクの作り方(ファンデーション編)

化粧下地を使用したら、次に塗っていくのがファンデーションですね。

汗をかきやすい季節に崩れにくいのは、パウダーファンデーションです。

成分の大部分が粉ベースなので余分な皮脂を吸収して、さらっとした状態をキープしてくれます。

仕上がりは結構マットなものが多いので、ツヤ肌にしたいという場合には、クッションファンデーションが水分量が多くツヤ感を手軽に出せるのでおすすめです。

その際には、テカりやすい部分にだけフェイスパウダーを使用して皮脂対策を行っておくとメイク崩れしにくくなります。

 

メイク崩れ知らずのベースメイクの作り方(いつものケアにひと手間編)

化粧下地、ファンデーションをつけるときに、手でつけている方が多いのですが、崩れにくくするならブラシでつけるのが断然おすすめです。

手で付けると、手の油分まで付着して余計に崩れやすくなります。

ブラシでつけることによって手の油分が付着することを防げるのでメイク崩れのリスクを減らすことができます。

ブラシは一度使用したらブラシクレンザーを使用して清潔に保っておくのもメイク崩れ防止になります。

 

汗をかくと起こりやすくなるかゆみや赤みを抑えるために

夏 スキンケア

汗をかく季節に起こりやすいかゆみや赤みは肌が汗の刺激で炎症を起こしてしまっている状態です。

初期段階でのケアを行ったり、炎症を起こさない肌をつくるケアを行っておくのが良いでしょう。

 

かゆみや赤みが出てしまった時のケア方法

かゆみや赤みが出てしまった時は、汗をかくことで肌がダメージを受けてしまっているので、まずは肌の負担減らすことが先決です。

汗をかいたらその都度拭くのが良いのですが、拭くものも刺激の少ないタオルで優しく拭き取りをしてください。

また、肌を落ち着かせる抗炎症作用の甘草などを使用したスキンケアアイテムを使用することで、肌の状態を穏やかに整えてくれます。

肌に塗布する際も、擦ったり、強くたたいたりせずに優しくつけるのがベストです。

あまりにも炎症が酷い場合には皮膚科に行ってみてください。

 

汗に強い肌をつくる

毎年かゆみや赤みがでやすい方は、症状が出る前にできることがあります。

それは汗のダメージに揺らがない肌をつくることです。

汗をかくことで、肌の水分が蒸発してしまい肌が水分不足に陥ります。

肌の水分が足りていない状態は、肌を外の刺激から守る力も低下してしまいます。

そのため、水分量をキープできるようにヒアルロン酸やセラミドといった水分を保持できる成分が入ったスキンケアを取り入れるのが良いです。

また、普段のケアにプラスするのであれば水分補給ができるフェイスパックの使用や、日頃からこまめに白湯や常温の水で水分補給をするのがおすすめです。

 

 

まとめ

汗による肌トラブルは一度起こってしまうとブルーな気分になってしまいますが、きちんと対策を行うことで早めに肌を穏やかな状態にすることができると言われています。

すごく手間になるような特別なケアは必要ありません!

今できることから、ご自身のお悩みに合った対策法を実践してみて、褒められるくらいの美肌を目指して下さいね。

 

 

 

 

0

MISA

19,196 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧