夏までにダイエット!手軽にできる腹7分目ダイエットとは?

ダイエット

新型コロナウイルスの影響で自粛が続いていましたが、

少しずつ規制の緩和がみられてきました。

夏も近づき、外で仕事や遊びに出かける日もそう遠くなさそうです。

 

夏までにあと数キロ痩せたい

今まで糖質制限やグルテンフリーをやってみたがルールが多くて続かなかった

ダイエットを習慣化してリバウンドしてしまった

 

 

という方にオススメしたい、

日常の中に取り入れられて、体や気持ちに負担が少ないダイエットです。

 

自粛太りしてしまった!とダイエット魂に火が着く人も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、次の食事から始められる簡単な”腹7分目ダイエット”について

紹介していきます!

 

腹7分目ダイエットとは

その名の通り”腹7分目で食事を止める”というダイエット法です。

どのくらい効果があるのか、単純にカロリーで考えてみます。

 

いつも、2000kcal摂取していた人が1400kcalの食事を14日間続けたとします。

普段の食事と1日600kcalの差があるため、

14日間続けると8400kcal摂取せずに生活できたことになります。

 

脂肪を1kg消費するためには約7200kcalの消費が必要であると言われているので、

腹7分目の食事を続けることで大きな効果があることがわかります。

 

腹7分目は「まだ食べたいな」「ちょっと少ないかな」と感じるぐらいの量といえます。

腹5分目の半分ぐらいがすぎたら「あと少しだな」と思うとわかりやすいです。

 

また、食事中に、今どのくらい食べているのか考えることは、

食べ過ぎているときに気が付くことができるので

衝動食いを防ぐことにもつながります。

 

腹7分目ダイエットのメリット・デメリットは

メリット

習慣化しやすい

ダイエットはイベントではなく、継続して行うことでリバウンドを防ぐことができます。

腹7分目ダイエットは、普段の食事を気を付けることが大切となり、

ダイエットのための時間をとることはないので続けやすいです。

継続できるため、習慣化することで辛い思いをすることなく、

ダイエットを継続的に行うことができます。

 

特別な食材や道具がいらない

ダイエットのための食材や道具がなくても、

普段の食べていることに意識をして減らすことなので、

費用が掛からず行うことができます。

そのため、今日の次の食事から行なってみましょう。

 

決まりがほぼない

最近流行っている糖質制限やグルテンフリーなどは、

食べられるものが決まっているため、

ダイエット用の食品を買うなどして費用がかかり、

ルールを守るのが難しく、続けられない方もいらっしゃると思います。

主食のご飯、パン、麺が食べられないのはキツいときもありますよね。

 

また、一定期間糖質の高いものやグルテンの含まれているものを

食べなかったために痩せることができても、

再び食べ始めるとリバウンドしてしまう場合が多いです。

 

腹7分目ダイエットは、決まりがとても少ないため、

糖質制限やグルテンフリーダイエットがうまく行かなかった人にもオススメです。

 

デメリット

満足感が少ない

どのダイエットを行なっても感じることではありますが、

お腹いっぱい食べる幸せはなかなか感じることができないので、

それがストレスとなってしまう人もいるかもしれません。

 

どこまでが腹7分目なのかが明確ではない

どこまでが腹10分目で、腹7分目の量がどのくらいなのかわからなく、

個人差が大きいという点はデメリットとなります。

 

どのくらい食べたらよいのかわからないという方は、

普段食べている食事を1日記録しましょう。

全体のバランスを見ながら、

甘いものなどのカロリーの高いものから減らしていき、

7割を目指すとわかりやすいです。

 

もっときちんと行いたい方は、

普段の食事記録からカロリー計算をして、

その7割の食事になるようにすると確実にカロリー削減ができます。

 

腹7分目ダイエットにオススメな方法は?

どんなに腹7分目であっても、

ハイカロリーなものや偏った食事でお腹を満たすのでは意味がありません。

腹7分目ダイエットと並行して行うと良いのが、

食べ順ダイエットです。

 

食べ順ダイエットとは、

野菜などの副菜や汁物→肉・魚などの主食→白米・麺などの主食

の順で食べ進めていく方法です。

カロリーの高い主食を食べるときには、

空腹感がないため、減らすことができます。

 

これを腹7分目ダイエットと並行して行うことで、

主食を少なくして食事を終えることができます。

 

そして、腹7分目ダイエットに欠かせないのは、

カロリー制限になります。

人間は、摂取カロリー<消費カロリーとなって痩せることができるので、

ハイカロリーになってしまってはダイエットはできません。

お腹を満たしつつ、カロリーの低い食材を選んで調理したり、

全体的にカロリーの高い食事のときには、

全部食べずに、食べる量を減らしてみましょう。

 

腹7分目ダイエットは、食べる物や量が細かく決まっていないからこそ、

毎日、継続して行うことが一番のポイントになります。

 

まとめ

腹7分目ダイエットを習慣化することで、

普段から我慢したり、辛い思いを感じずに

自然とダイエットを行うことができます。

 

早くにダイエット効果を実感したい方は、

有酸素運動も取り入れることで、消費カロリーが上がり、

ダイエットが効率的に行えます。

 

次の食事から実行できますので、

「ダイエットは明日から」と先延ばしにせずに、

できることから今すぐ実行して、夏までにダイエット成功ましょう!

 

0

MISA

19,109 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧