究極の美白スキンケア方法で、透明感のある白肌へ

美白 スキンケア 方法
スキンケア

透明感があり、透き通る白い肌は、それだけで魅力的に見えますよね。

誰もは一度は、憧れたことがあるのではないでしょうか。

 

肌荒れちゃん
肌荒れちゃん
透明感のある美白肌になるためのスキンケア方法は?

日焼けしないためにはどうしたらいいの?

うっかり日焼けしてしまった時の正しい対処法は?

 

など、美白肌になりたいけれど、具体的にどうすればいいのかあやふやなことが多いのではないでしょうか。

そこで、今回はそれらの悩みを解決をし、透明感のある美白肌を生み出すスキンケア方法を紹介していきます。

 

基本の美白スキンケア方法

美白 スキンケア 方法

美白肌を保つために重要なことは、保湿・紫外線対策・刺激を与えないことです。

美白アイテムを使用しなくても、自分にあったスキンケア方法を続ければ、自然と美白肌になれます。

したがって、まずは自分のスキンケアを見直すところから始めていきましょう。

 

毎日自分の肌と向き合い、スキンケアができているのか

クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液…と、毎日、同じものを同じ順番で使用していませんか?

日々、肌の状態は変わりますし、肌にはもともと、うるおいを保つ力が備わっています。

毎日多くのアイテムを、必ず使用する必要はありません。

「今日は乾燥がひどいから、パックをして化粧水とクリームを多めに塗ろう」

「今日は肌が敏感だから、化粧水とクリームでシンプルケアにしよう」

「今日は肌の調子がいいから、いつものケアにプラスで美白の美容液を使ってみよう」

など、その日の自分の肌と向き合って、毎日スキンケアアイテムを選んで使用してみてください。

肌があまりにも乾燥して、たくさんのアイテムでの保湿が必要ならば、洗浄料が合っていない可能性があるので、まずはクレンジングや洗顔料から見直してみましょう。

 

美白肌の保湿

美白はもちろん、美肌になるためにも、保湿がとても重要です。

先程もいったように、美白成分の配合された化粧品を使用しなくても、自分の肌に合ったスキンケアを続けることで、美白肌になれます。

むしろ、肌に合わず刺激になってしまうくらいなら、まずは低刺激で肌に優しいものを使い続けましょう。

化粧水からクリームまで全て、美白のアイテムでそろえなくても、美白美容液などの美白アイテムを1品投入するだけでもOKです

毎日の紫外線対策自分の肌に合った保湿ケア美白ケアを続ければ、確実に肌は変わってくるはずです。

 

刺激を与えない

知ってるつもりなのに、実際にやっていない方が多いのは刺激を与えないことです。

洗顔・化粧水・クリームなどでスキンケアをする際も、十分に泡立てないで洗顔をしたり、顔の皮フが動くほどの力でスキンケアをしたりと、肌をこする行為はNGです。

肌をこすることによって肌の防御機能が働き、メラニン色素が生成されて色素沈着してしまう可能性があります。

せっかく、紫外線対策もスキンケアも頑張っているのに、こすることで全てが意味がなくなってしまったら嫌ですよね…

それに、シワやたるみなど、さまざまな原因にもなりますので、肌に優しく触れるクセをつけていきましょう。

 

年代別美白スキンケア

さらに、年代別の美白スキンケアを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

美白肌を守る紫外線対策

美白 スキンケア 方法

季節に関わらず、1年中紫外線は降り注いでいます。

これは、わかっている方は多いのに、日焼け止めを塗るの面倒くさかったり、夏以外はあまり紫外線対策をしていない方は多いのではないでしょうか?

当たり前ですが、夏の暑い時期だけ紫外線対策するのではなく、1年を通して対策をすることが美白肌になるポイントです。

1年を通して紫外線対策をして初めて、究極の美白肌を作り上げることができます。

 

美白肌になるための紫外線対策

紫外線対策といえば、日焼け止めというイメージがありますよね。

しかし、美白肌になるためには、いくつかのアイテムを組み合わせて、紫外線を防ぐことがポイントです。

1.日焼け止め

2.日傘

3.サングラス、コンタクト

4.アームカバー

5.羽織りもの(パーカー、カーディガンなど)

6.帽子

7.マスク

もちろん、全て紫外線カット加工の施されているものや、紫外線カット効果のある素材でできているものをえらんでくださいね。

 

1日中、家にいる日

紫外線を完全に遮断した部屋で、外にも出ず、1日過ごす場合は、紫外線対策をしなくても大丈夫です。

しかし、少しでも紫外線に当たる機会がある場合は、日焼け止めを塗りましょう。

洗濯物を干す、買い物に行く、数分だけだからと、紫外線対策をしない日の積み重ねが、美白肌を遠ざけてしまいます。

 

外出する日

毎日最低限使用を続けたいアイテムは、日焼け止めと日傘です。

もちろん、紫外線カット効果のあるものをフル装備するに越したことはありませんが、それをいきなり毎日行うことはなかなか難しいと思います。

まずは、日焼け止めと紫外線カット効果が100%に近い日傘をさす習慣をつけるだけでも、始めてみましょう。

紫外線カット効果が100%の日傘は高価ですし、結局毎日使用しないと意味がないので、まずは100%に近い数値のものから。

紫外線カット効果のあるパーカーはサッと羽織れるので、何枚か持っておくととても便利ですよ。

 

うっかり紫外線を浴びてしまった後のスキンケア方法

美白 スキンケア 方法

いくら紫外線に気をつけていても、日焼け止めを塗り忘れて長時間紫外線を浴びてしまったり、海に行って焼けてしまうことはありますよね。

その場合は、浴びてしまった紫外線のダメージを最小限に抑えるために、すぐにアフターケアをしましょう。

冷やす→水分補給→美白ケア

 

赤くほてっている場合は冷やす

肌が赤くほてっている場合は、やけどと同じ状態なので、まずはとにかく冷やしましょう

保冷剤や水、ぬれタオルで冷やすなど、なるべく早めに冷やします。

お風呂も湯船につかるのは避けて、シャワーでササッとすませましょう。

肌をこすらないように、いつもよりも優しく洗ってくださいね。

 

内側と外側から水分補給

日焼け後は乾燥しているので、外側からは保湿を、内側からは水分をとり、内外両方から水分補給をしましょう。

 

外側からの水分補給

まず、ミスト化粧水でたっぷり肌に水分を与えます。

そして、次に冷蔵庫で冷やしておいたシートマスク貼ります。

こうすることで、肌に水分を与えながら、同時に肌を冷やすことができます。

 

内側からの水分補給

外側からだけでなく、内側からもしっかり水分をとりましょう。

日焼け後は、意識的に水をとるようにしてください。

さらに、ビタミン類をサプリなどで補うと、内側からもケアができますよ。

 

肌が落ち着いてきたら美白ケアを

ほてりや赤みが落ち着いたら、美白ケアを始めます。

普段、美白のスキンケアを使用していない場合は、美白美容液のみでもいいので、いつものスキンケアに取り入れましょう。

ここでしっかり手順を踏んで美白ケアをすることにより、紫外線のダメージを最小限に抑えることができます。

最低1カ月は、美白をとりいれたスキンケアを続けましょう。

 

まとめ

美白 スキンケア 方法

早く美白肌になりたい場合は、塗ると肌が白く見えるクリームなどを塗るのもいいですが、せっかくなら素肌から美白肌になりたいですよね。

そのためには、日々の地道な美白ケアがとても大切になってきます。

数日、紫外線対策や美白ケアを頑張ったところで、美白肌にはなれません。

しかし、この地道な積み重ねを継続してできる方こそが、究極の美白肌を生み出します。

今年こそ、年中無休の美白肌を手に入れましょう。

1+

MISA

19,109 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧