• HOME
  • MISA
  • ダイエット
  • 夏目前!毎日2リットルの水で痩せれる?綺麗になるダイエットの方法すべて教えます!

夏目前!毎日2リットルの水で痩せれる?綺麗になるダイエットの方法すべて教えます!

ダイエット

夏はもう目の前ですね。

薄着になる季節、太くて見せたくない部分を隠すばかりの服はやめて、好きな服で肌見せしたいですよね。

今すぐダイエットを始めたいけれど、何からどう始めればいいのか。

あやふやな知識のまま、手探りでダイエットを始めてしまうのは、夏が目前の今、時間も労力ももったいないです。

正しい効果が出るダイエット方法を、すべてお伝えします。

今からお伝えするダイエット方法を実践すれば、夏までにまだ間に合います

ダイエットに関して間違った知識を持っている人も多いんです。

この記事を読んで、正しいダイエットを始めましょう。

 

夏は太りやすい!食事・冷えを改善して夏太りを撃退

夏はたくさん汗をかくので、一年で一番痩せる季節なのでは?

と思っていませんか。

実はそれ、間違いなんです。

夏になれば痩せるはず。

では手遅れになります。

一年で一番痩せやすい季節は、冬です。

その理由は、冬は寒さに耐えるために、体が体温を上げようと働くので、基礎代謝が高まるからです。

夏は、代謝が低くなるので、残念ながら太りやすくなります。

「夏太り」という言葉があるほど、夏に太る人が多いんです

原因は、夏の生活習慣にもあります。

夏目前の今のうちに、夏太りにならない生活習慣と撃退法を身につけておきましょう。

 

【脱夏太り】食事・冷えを改善して太らない体にする

夏に太る原因、「食事」を改善して脱夏太り

夏のお昼ご飯の定番といえば、そうめんですね。

夏が近づいて暑くなってくる今の季節、コンビニでは冷やし中華が並び始めます。

テレビのコマーシャルではカレーのコマーシャルが増えますね。

暑くて食欲がない、手間をかけて料理したくない時に食べたくなる夏の定番メニューですが、全て糖質が高い食べ物なんです。

糖質の摂りすぎは太る原因となります。

また、暑いとついアイスクリームが食べたくなりますね。

アイスクリームは高脂質、高カロリーです。

ついつい暑くなると食べたくなるものばかりですが、太りやすいものばかり。

食べるのは、避けるようにしましょう。

夏に太る原因、「冷え」を改善して脱夏太り

冷えは、ダイエットの天敵です。

太りにくい人っていますよね?

太りにくい人は「基礎代謝」が高い、と言われています。

基礎代謝とは、何もしなくても、生きているだけで消費されるエネルギーのことです。

基礎代謝が高ければ、何もしなくても燃焼されるカロリーが多いということになります。

基礎代謝は、体温が1℃下がると、12%〜20%下がると言われています。

基礎代謝を高めるためには、基礎体温を高めることが大切なのです。

冬は気温が低く、体が自然と体温を高めようとするため、1年の中で最も基礎代謝が高くなる季節です。

しかし夏は気温が高く、1年で最も基礎代謝が低くなります。

加えて、どこへ行ってもクーラーがかかっていますね。

女性にとっては寒いと感じるほど、クーラーが効いている場所が多いのではないでしょうか。

冷たい飲み物もついつい飲んでしまう季節なので、体温を下げてしまいがちになるのです。

薄手のカーディガンを持ち歩くようにしたり、職場のデスクでは膝に薄手のブランケットをかけたり、飲み物は常温のものを選ぶようにしてみましょう。

 

ここまでは、夏太りにならないための生活習慣についてお伝えしました。

でも、太らない方法も大切ですが、今必要なのはもちろん痩せる方法ですよね。

ここからは、夏までに痩せる方法を全てお伝えしていきます。

ここからが本番ですよ。

 

【食事編】夏はもうすぐ!夏までにダイエットを成功させる必勝法

体重を減らすという観点から見ると、ダイエットで一番重要になってくるのは「食事」です。

「食生活を管理できるかどうか」が「ダイエットを成功させられるか」の鍵の9割を握っているといえるでしょう。

体重を減らすには

摂取カロリー<消費カロリー

にする必要があります。

お茶碗一杯分を消費するには、ジョギングを約30分続けないといけません。

運動ももちろん大切ですが、体重を減らすにはまず食生活を変えないと効果は出ません。

効率よく体重を減らすために、まず食生活の管理を徹底しましょう。

糖質制限ダイエットor低脂質ダイエットどちらか選んで痩せる

糖質制限ダイエットで痩せる

まず糖質制限ダイエットとは、糖質(炭水化物)を制限するダイエットです。

私たちが主に主食としているお米・パン・パスタなどの麺類が糖質(炭水化物)です。

洋菓子や和菓子も糖質に含まれます。

これらを制限することで、体重に比較的早く効果が現れてきます

ただ、糖質はあくまで制限するのであって、全く食べないということはやめてください。

めまい等の体調不良が起こりやすくなります。

1日のうち少しは糖質を摂るようにしてくださいね。

糖質制限ダイエットについて詳しく記載していますので、こちらもチェックしてみてください。

低脂質ダイエットで痩せる

低脂質ダイエットとは、脂質を制限するダイエットです。

脂質はカロリーが高く、すぐに脂肪に変わってしまいます

揚げ物・ラーメン・ファストフード・お菓子は脂質です。

これら以外でも、お肉も脂身の多いものを避けて、ささみや鶏むね肉(皮を除く)を食べるようにします。

調理する時は、「揚げる」「油を使って焼く」は避けて、「蒸す」「煮る」で調理するようにしましょう。

糖質制限ダイエットよりも体重への効果はすぐには現れにくいですが、もちろん確実に痩せられる方法かつ、筋肉を落とすことなく痩せられるダイエットです。

低脂質ダイエットについてこちらでもっと詳しく説明していますので、チェックしてみてくださいね。

 

まずは糖質制限ダイエット低脂質ダイエットがどちらか自分に合いそうな方を選んで、始めましょう。

どちらかを正しく続ければ、効果は必ず現れてきます。

 

夕食は20時までに済ませればダイエットの効果は増す

寝る前に食べたら太る

これは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

なぜ寝る前に食べると太るのか。

それは眠っている間はエネルギーをあまり消費しないことに加えて、午後22時〜午前2時の間にエネルギーを脂肪として蓄えようとするビーマルワンと呼ばれるものが最も多くなることが要因です。

つまり寝る直前に食べた分のエネルギーは、大半が消費されず、脂肪へと変わるということですね。

18時や19時までに夕食を食べ終えると痩せる、という話もよく見かけられます。

しかし、社会人の方には帰宅時間を考えるとなかなか難しいのではないでしょうか。

せめて20時までに夕食を食べ終えるようにするか、

どうしても帰宅時間が遅く、夕食を食べる時間が遅くなるという人は、朝食と昼食をしっかりと食べて、夕食を栄養の補給という程度で少なくするようにしましょう。

 

水を1日2リットル飲んでキレイに痩せる

綺麗で細い芸能人は水をこまめに飲んでいるイメージがありませんか。

水を1日に2リットル飲む事を習慣にすれば、痩せることはもちろん、美容にも効果があるからです。

水を飲むと代謝が上がって痩せる

人間の体は6割が水分でできています。

新たに水を飲むと、水分量を保つために古い水分を排出していきます。

その古い水分と一緒に老廃物を排出してくれるのです。

こまめに飲むことを続けていくと、吸収と排出の循環が早くなり、体の代謝も上がります。

代謝が上がることでエネルギーの消費も大きくなり、ダイエットへとつながるのです。

水を飲む量は2リットル

水分の過剰摂取にならない適度な量が体重の4%です。

50キロの体重だと丁度2リットルですが、体重によって適度な量には多少差があります。

ただ続けていく上で、2リットルのペットボトルを1本、もしくは500mlのペットボトルや水筒を4本、と2リットルを毎日の日課にすると分かりやすくて続けやすいですね。

水は常温水で飲む

水を飲むときは、冷水を飲みすぎると体を冷やして、代謝を下げてしまいますので、なるべく常温水を飲むようにしてください。

お白湯でも効果は得られますが、2リットル飲む量を考えると常温水が続けやすいです。

水太りはあっても初めだけ

水を飲みすぎて太る、と言われるのにはむくみが関係しています。

水自体にカロリーはないので、水をたくさん飲んでも太ることはありません。

ただ体がむくむことで太ったように感じるのです。

水を元々あまり飲まなかった人は、水をたくさん飲むと体が水を溜め込んでしまうため、一時的に体がむくんでしまいます。

しかしこれは一時的なものであり、そのまま水を飲むことを習慣にしていけば、むくみは次第になくなっていきますので、心配せずに続けましょう。

 

【入浴編】夏はもうすぐ!夏までにダイエットを成功させる必勝法

暑くなってくるとついついシャワーで済ませてしまうことが増えませんか。

湯船に浸かることで、体にたくさんの効果があります。

ダイエットにための正しい入浴法と効果についてお伝えしていきます。

半身浴で汗をかくことは痩せることには繋がらない

お風呂でダイエットといえば「半身浴」のイメージがありませんか。

半身浴で長風呂をして、汗をかくことで痩せる。

そう思って半身浴をしている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

お風呂で汗をかくこと自体は、ダイエットに繋がりません

運動でかく汗は、脂肪を燃焼させた上で出てくるものですが、お風呂でかく汗はただ体温が上がることで出てくるものなので何も燃焼されていないのです。

 

全身浴で代謝を上げて痩せる

半身浴よりも全身浴の方が体全体を温めることができるので、ダイエットには半身浴よりも全身浴が効果的です。

40度から42度のお湯に肩まで浸かることで「冷え」を改善し、体全体を温めて代謝をあげることがダイエットにつながります。

また全身浴で深いお湯に浸かると、下半身に水圧がかかるため、下半身のむくみをとることもできるのです。

毛穴が広がることで、毛穴の汚れや皮脂がとれて肌が綺麗になる、という効果もあります。

 

高音反復入浴法でより効果を上げて痩せる

40度から42度のお湯に短時間で出たり入ったりを繰り返す入浴法です。

交換神経を活性化することでカロリーの消費、血行が促進されることによるむくみや冷えの改善が期待されます。

高温反復入浴法のやり方はこちらです。

  • 足元や手先から始めて体全体にお湯をかけます
  • 40度から42度のお湯に全身浴で5分ほど浸かります
  • 湯船から上がって一旦休憩します
  • 再度40度から42度のお湯に全身浴で3分ほど浸かります
  • 湯船から上がって休憩します
  • 最後にもう一度40度から42度のお湯に全身浴で3分ほど浸かります

ただ全身浴でお湯に浸かるだけよりも、反復する手間がかかりますが、反復する分、効果が期待できます。

また短時間の反復なので、思ったよりも時間はかかりません。

少し入浴に手間をかけられる人はこちらの入浴法に挑戦してみましょう。

 

全身浴・高温反復入浴法をする際の注意点

入浴する際は、お湯は42度以上にならないように注意してください。 

お湯を42度以上にしてしまうと、血圧が上昇し、ヒートショックと呼ばれる「失神」「心筋梗塞」「脳梗塞」を引き起こしてしまう可能性があります。

40度から42度以下のお湯で長風呂はしすぎないように気をつけましょう。

また汗をかくので入浴前と入浴後には水分を摂って、熱中症や脱水症状にならないように注意してください。

 

運動編】夏はもうすぐ!夏までにダイエットを成功させる必勝法

体重を落とすためには食事管理が最重要ではありますが、ただガリガリになるのではなくキレイなボディラインを作るには運動がやはり必要です。

どう運動すればダイエットに一番効果があるのか見ていきましょう。

有酸素運動で体の脂肪を燃焼して痩せる

運動には有酸素運動無酸素運動があります。

有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどです。

無酸素運動は、筋トレが当てはまります。

痩せるためには、内臓脂肪を落とすことができる有酸素運動が効果的です。

有酸素運動は、初めは糖質を主に燃焼しますが、20分以上継続すると脂肪が多く燃焼されます。

必ずしも20分以上を一度に続けなければいけないわけではなく、1日のトータルで20分以上有酸素運動をすれば、効果があります。

ダイエット効果が高い有酸素運動はジョギング

有酸素運動の代表はウォーキング、ジョギングです。

ジョギングは消費できるカロリーも高く、ダイエットにも効果が高いですが、

運動に慣れていない人が突然始めると、体力がなく1日20分以上続けるのは難しいでしょう。

運動に慣れていない人は、まずウォーキングを20分以上続けることから始めましょう。

部分痩せはできない、痩せるには全身運動あるのみ

二の腕、太もも、お腹まわり。

薄着になる夏までに痩せたい体の部分ですよね。

残念ながら部分痩せって実はできません

体は体脂肪を減らせば痩せていきますが、二の腕、太もも、お腹まわりだけを優先して減らすことはできないのです。

痩せるためには必ず体全体の体脂肪を減らしていく必要があります。

部分痩せのための二の腕や太もも、腹筋に効く運動は、全身運動に比べて消費エネルギーは少なくなります。

その時間と労力を全身運動へと使った方が結果、効率よく痩せることにつながります。

有酸素運動で全身の体脂肪を減らすことがダイエットへの一番の近道です。

まとめ

夏までにするべきダイエット方法をお伝えさせていただきました。

間違ったダイエット知識を持っていた人もいたのではないでしょうか。

こちらでお伝えした正しいダイエット方法を実践すれば、夏までに痩せることができます。

夏は楽しいイベントもたくさんありますね。

綺麗にダイエットできた姿で、自信に満ち溢れた夏を過ごせるよう頑張りましょう。

こちらではハードな運動や食事制限が苦手な人でもできるダイエットを紹介していますのでチェックしてみてください。

 

0

MISA

19,109 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧