これでWeb会議も怖くない!簡単メイクで憧れの「美人顔」に

メイク web会議
アーカイブ

 

こんにちは、美容ライターのYukaです。

美容学校卒業後、大手化粧品会社の美容部員に。その後、独学で日本化粧品検定1級を取得しました。

 

在宅勤務をしていると、人に見られる機会が減りますよね。

そんな中、毎日フルメイクをする方は、なかなか少ないのではないでしょうか。

しかし、Web会議やオンライン会議など、仕事で顔を出す場面は、きちんと着替えてメイクせざるを得ないですよね。

そのWeb会議のためだけに、いつも通りのメイクをするのは面倒くさいな…と、思っている方は多いのではないでしょうか。

今回は、メイク時間約10分で完成するくらい簡単なのに、プラスで相手に、美人だなと思わせることができるメイク法をご紹介いたします。

 

ベースメイクはファンデ不要!

メイク web会議

まず、Web会議の時にファンデーションを塗る必要はありません

肉眼と違い、ウェブ会議の画面上だと、画質が不鮮明です。

毛穴が気になるなどの肌状態は、画面越しだとわかりません。

したがって基本のベースメイクは、トーンアップ下地とパウダーのみで十分です

 

顔の血色が悪い方

ピンク系の下地を使用すると、顔色が明るくなり、くすみもカバーしつつトーンアップするのでオススメです。

 

○クマがひどい方

Web会議上では余計にクマが目立ってしまい、不健康な印象を与えてしまうので、柔らかめのテクスチャーのオレンジ系コンシーラーでカバーしてから、フェースパウダーを重ねましょう。

どうしても隠したいニキビやニキビ跡、シミなどがある場合は、スティックタイプなどのかためのテクスチャーのコンシーラーでカバーしましょう。

 

○筆でフェースパウダーをのせている方

Web会議の時だけは、ふわふわのパフでしっかりめにのせてあげると、Web会議上では、より肌をキレイに見せることができます。

最後に、顔を優しく手のひらで包み込むようにしてなじませたら、ベースメイクは完了です。

ファンデーションを塗ったり、筆に含ませて余分な粉を落とすなどの細かい作業がないので、あっという間に、簡単でキレイなベースメイクが仕上がります。

 

アイメイクはアイシャドウのみでOK

メイク web会議

アイメイクも、Web会議上だと、アイシャドウでいくらグラデーションを作ったりマスカラをしても、ハッキリ見えないのでわかりません。

したがって、アイメイクはアイシャドウのみを簡単に塗るだけでOKです

 

○アイシャドウの塗り方

両まぶた全体に明るめのツヤ系の単色カラーを塗り、目の際に細く濃いカラーを引くだけで、パチっと美人eyeに見せることができます。

 

  1. いつもベースに使用する、明るいベージュのツヤ系の色を、両まぶた全体に塗る
  2. 細いチップで、一番濃いブラウンのアイシャドウを、両まぶたの目尻〜黒目の部分まで塗る

など、お手持ちのアイシャドウの中から選んでみてくださいね。

 

ツヤは、Web会議上でもしっかり見えるので、マットのものよりもツヤ系のアイシャドウがオススメです

もし、ツヤ系のアイシャドウがない場合は、アイメイクの仕上げに、ハイライトを上まぶたの中心にちょこんとのせるだけでも、ツヤッと見せることができます

マスカラは塗りませんが、軽くアイラッシュカーラーでまつ毛を上げると、より目の形がキレイにみえ、美人度が増しますよ。

 

リップメイクはハッキリとした明るい色を

メイク web会議

肌が濁って不健康に見えやすいので、リップで血色感を出しましょう。

Web会議上では、ピンクや赤などの明るめの色を、しっかりフチ取って塗るのがオススメです

むしろ、普段仕事で使用しないような、青みピンクのビビッドな色のティントを、ある程度ティッシュオフし、しっかりフチどって塗るくらいが、Web会議上では、きちんと感や血色感を出します。

特に、頬に赤みのでやすい方は、ベースメイクの時、ファンデーションでしっかりカバーしているわけではないので、リップをしっかり塗るのと、ジュワッと内側から浮き出る天然のチークだけで、十分血色感を出すことができます。

 

+αのさらに美人見せメイクポイント

Web会議では、ベースメイク・アイメイク・リップメイクの3点のポイントを押さえるだけでもOKですが、さらに美人見せできる、+αのテクニックを2つご紹介いたします。

 

○眉マスカラで柔らかい印象に

眉毛はしっかりめに描き、眉マスカラで髪色よりもワントーン明るくすることで、一気に顔色が明るく、顔のバランスがまとまり、柔らかい印象に。

こういう時眉マスカラは省きがちですが、Web会議上ですと暗い色が余計暗く見えてしまうので、髪色が暗めの方も、ワントーン明るい眉マスカラをササッと塗ってみてくださいね。

 

○ハイライトとシェーディングはしっかりめに

いつもベースメイクで、ハイライトとシェーディングを入れている方は、いつもよりもしっかりめに色をのせることがポイントです。

Web会議上だと顔が太って見えやすいため、シェーディングはしっかりめに入れ、小顔に。

ハイライトのツヤはWeb会議上でも見えるので、こちらもしっかりとのせて美肌を演出しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

Web会議上と肉眼では見え方が違うので、いつものメイク手順を省いて簡単にしてしまっても、ポイントを押さえるだけで、いつも以上にキレイに見せることができます。

それに、メイク時間も約10分で完了するので、ギリギリまで寝ていられますし、メイク時間も大幅に短縮できます。

メイクをする時、Web会議に自分のみが参加できるようにして、鏡とWeb会議画面の2つでチェックしながらメイクをしてみるのもいいかもしれません。

Web会議だからこそできるような、普段は使用しない色のリップに挑戦してみたりと、この機会にぜひ、自由にメイクを楽しんでみてくださいね。

0

MISA

19,195 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧