低脂質ダイエットの効果を高めるために知っておくべきこと5選

ダイエット

 

低脂質ダイエットってご存知ですか?

今、健康的にキレイに痩せれる。と注目されているんです。

糖質制限ダイエットなら、経験ある方も、知っている方も、多いかもしれませんね。

今回は

  • 低脂質ダイエットってそもそも何?
  • 糖質制限ダイエットとどう違うの?どっちがいいの?
  • 低脂質ダイエットで本当に痩せるの?
  • 低脂質ダイエットで健康への影響は?
  • どんな食事法をすれば効果が出るの?

について、分かりやすくご紹介していきます。

この記事を読めば、正しい方法で低脂質ダイエットを始められますよ。

低脂質ダイエットとは?

低脂質ダイエットは、ローファットダイエットとも言われています。

食事をする際の、脂質を制限することで、余計なカロリーを減らすダイエット方法です。

簡単にいえば、なるべく体に悪そうな油を摂らないようにするダイエットです。

糖質制限ダイエットと低脂質ダイエットの違い

糖質制限ダイエットは、お米・パン・パスタなど、主食と呼ばれる食べ物の、糖質を制限するダイエットです。

糖質制限ダイエットについては、下記記事を参考にしてください。

 

低脂質ダイエットは、先ほどお伝えしたように、脂質を制限するダイエットです。

2つのダイエット方法には、どんな違いがあるのか、メリット・デメリットで見てみましょう。

糖質制限ダイエットのメリット

低脂質ダイエットよりも痩せるスピードが速いこと

体重が落ちやすく、効果がすぐにわかりやすい、ということですね。

糖質制限ダイエットのデメリット

脂肪と一緒に、筋肉まで一緒に落ちてしまうこと

低脂質ダイエットのメリット

炭水化物を食べてもいいこと。筋肉も維持できること。健康に影響が少ないこと

低脂質ダイエットのデメリット

糖質制限ダイエットに比べて、体重が減るまで、効果に時間がかかること

 

こうして、メリットデメリットを比べてみると、

特に女性は、糖質制限ダイエットの方が、すぐ効果が出るし、別に筋肉が落ちてもいい。

と思われるかもしれませんね。

 

でも女性の体にとって、筋肉って本当に大事です。

形が維持された胸、ウエストのくびれ、ヒップライン、なども筋肉があってこそのもの。

ただガリガリに痩せるのではなく、理想的な体を目指すならば、筋肉も無視できません。

低脂質ダイエットのメリットであげた、健康への影響については、後ほど説明しますね。

だからこそ、本記事では糖質制限ダイエットよりも、低脂質ダイエットをおすすめしています。

詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

低脂質ダイエットが痩せる理由

低脂質ダイエットは、継続して行うことで、キレイに痩せることができます。

では痩せるメカニズムについて、見てみましょう。

まず、低脂質ダイエットで制限する”脂質”。

脂質は人の体を動かす、三大栄養素のうちの1つです。

P protein(タンパク質)

F fat(脂質)

C carbohydrates(炭水化物)

上記の3つが三大栄養素で、アルファベットの頭文字をとってPFCとも呼ばれています。

脂質は三大栄養素の中でも、タンパク質と炭水化物に比べ、圧倒的に、脂肪になりやすい物なのです。

そして1gあたりのカロリーは

脂質9kcal タンパク質4kcal 炭水化物4kcal

脂質が圧倒的に、カロリーが高いです

1番脂肪になりやすく、1番カロリーも高い脂質を制限することで、

1日のトータルカロリーを、抑えることができる。

なので食事方法さえしっかり守れば、必ず痩せることができます

トータルカロリーを抑えたダイエット方法については、こちらを参考にしてください。

炭水化物より揚げ物を抜く方が健康的な理由

ダイエット初期の頃は、無理に炭水化物を抜くよりも、揚げ物を抜いたダイエットをおすすめします。

それが低脂質ダイエットです。

なぜなら、炭水化物を抜くと健康的にリスクがあるから。

上記でも、低脂質ダイエットは、健康に影響が少ない。とお伝えしましたね。

糖質制限ダイエットを頑張ろうとしすぎて、炭水化物を抜く生活を送った場合、このようなリスクがあります。

疲れやすくなる 

集中力がなくなる 

めまい、頭痛などの体調不良が起こる

体調不良が出ると、せっかく始めたダイエットを、続けられなくなります。

体重を落とすことばかりに目が行きがちですが、

健康面にも注意して、ダイエットを成功させましょう

 

低脂質ダイエットの効果的な食事方法

低脂質ダイエットでは、脂質を制限する必要がありますが、全く脂質を摂らない、というわけではありません。

基本的には、体に良くない油を避けることを、意識しましょう

食材は

・鶏むね肉(皮はとる)
・ササミ
・ちくわ
・海鮮類(ホタテ、イカ、エビ、タコ)
・白身魚(タラ、カレイ、サケ)
・青魚(サバ、ブリ、サンマ)
・ブロッコリー

これらを蒸して調理するのが、オススメです。

調理するのが面倒な時は、コンビニのサラダチキン、冷奴、納豆なども脂質が少ないので、オススメです。

 

外食をする際、注意する食べ物

注意したいのが、外食をする時です。

脂質が多く含まれている食べ物の例をあげると

 

・ラーメン
・ファストフード
・揚げ物
・脂身の多い肉(焼肉など)

これらは脂質のかたまりなので、低脂質ダイエット中に外食をする際は、絶対に避けるようにしましょう。

まとめ

低脂質ダイエットは、健康面でも不調が出にくく、継続がしやすいダイエット方法です。

体調が辛くなると、ストレスが溜まって続けられなくなり、リバウンドにつながります。

食事も脂質にさえ気をつければ、美味しく食べられるものが、たくさんあります。

正しい食事法を継続できれば、必ず痩せられるダイエット方法です。

明日からさっそく、始めてみましょう。

 

0

MISA

19,196 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧