• HOME
  • MISA
  • ダイエット
  • コンビニだけで低脂質ダイエットで痩せるために最低限知っておきたい3つのこと

コンビニだけで低脂質ダイエットで痩せるために最低限知っておきたい3つのこと

ダイエット

忙しくて自炊する時間がない人、食事は基本的にコンビニで済ましてしまう人、コンビニじゃ低脂質ダイエットなんて無理ってダイエットを諦めていませんか。間違ったものさえ買わなければ、コンビニはダイエット商品の宝庫なんです。低脂質ダイエットでコンビニを活用する方法をお教えします。

低脂質ダイエットについては下記記事で解説しています。

 

コンビニは低脂質ダイエットの強い味方

コンビニには低脂質ダイエット食が売られている

コンビニといえば身近ですぐに立ち寄れて1日に一回は通ってしまう方も多いのでは。特に忙しく毎日を過ごしているとついつい食事をコンビニで済ましてしまいますよね。このような生活をしていたら低脂質ダイエットなんて無理、そんなことはありません。コンビニだけでダイエットができたらどれだけ素晴らしいでしょう。

 

コンビニの商品だけでも十分に低脂質ダイエットすることは可能

実はコンビニはダイエット食の宝庫です。

間違ったものさえ買わなければコンビニだけでダイエットすることは可能なんです。サラダや惣菜類も低脂質なものが多く売られています。ただし、ここで気をつけて欲しいのは、コンビニで売られているのははダイエット商品だけではなく、全ての人が食べたいものが売られていること。

つまり、コンビニには高カロリーなものから低脂質なものまで網羅されていることを肝に命じてください。一歩間違えればダイエットとは真逆の食事になることでしょう。

 

コンビニで売られてるダイエット商品の栄養を気にする

高カロリー食、太る食事をしないために、絶対にやって欲しいこと、それはコンビニで売られている商品に記載されている栄養素表を見る習慣をつけることです。栄養成分表は基本的に商品のパッケージのどこかに必ず記載されています。

 

あなたが低脂質ダイエットを行う場合、栄養成分表を見ずに低脂質ダイエットを行うことは不可能だと思って下さい。なぜなら自分がどんな栄養が含まれている食事をしているのか理解せずにダイエットはできない、それは人任せ、他人任せのダイエットだからです。

 

低脂質ダイエット中に栄養成分表で見るべき項目は以下の4つだけで大丈夫です。

コンビニで売られてるダイエット商品のカロリー

あなたがどんなダイエットをするにしても、摂取する食事のカロリーは気にしなくてはなりません。代表的なダイエットの中で、唯一カロリーを気にしないで済むのはケトジェニックダイエットと呼ばれるものくらいです。基本的には自身の一日の消費カロリー以下にしなくてはなりません。消費カロリーを超えれば体重は増えますし、消費カロリーより少なければ痩せていきます。

 

 

コンビニで売られてるダイエット商品の脂質

あなたが低脂質ダイエットを行う場合は特に、脂質を気にしなくてはなりません。脂質が多い=カロリーが高くなります。ダイエット中の一食あたりの脂質の目安として、10グラム以上の脂質が入った食事は摂らない方が懸命です。

 

コンビニで売られてるダイエット商品の糖質

炭水化物に多く含まれる栄養素です。これも脂質と同様に低脂質ダイエットをする人は最低限気にしなくてはなりません。糖質が多い食べ物としては、主食であるお米、パンやパスタなどの炭水化物に多く含まれています。また和菓子や洋菓子もそうです。特に洋菓子は糖質と脂質両方を多く含んでいるため、ダイエット中は控える方が良いでしょう。

 

コンビニで売られてるダイエット商品のタンパク質

タンパク質はとても重要な栄養素です。私たちの体の一部である筋肉・臓器・皮膚・毛髪・血液の大部分はタンパク質で出来ています。タンパク質に限っては脂質・糖質に比べてより多く摂取するようにしましょう。現代人の食事では糖質や脂質は多く含まれていますが、タンパク質は摂取すべき量よりも足りてないことが多いからです。タンパク質は自分の体重×1.0以上は取るようにして下さい。タンパク質が欠乏すると、肌や体自体にハリやツヤがなくなり、美容にも影響します。

 

コンビニのダイエット商品で低脂質ダイエットに向いているサラダチキンとサラダパスタ

今日や明日にでも、一度どのコンビニでも最近は売られているサラダチキンやサラダパスタの栄養成分表を見てみて下さい。サラダチキンは高タンパクで脂質が10グラム以下の低脂質で、ダイエットには理想的な食事です。また、サラダパスタも物によりますが、基本的には低脂質なものが多いです。しかし、種類によっては高いカロリーがあるものもありますので、必ず栄養成分表は確認するようにして下さい。

 

低脂質ダイエット中はコンビニに売られてるサラダの脂質を見る

 

買うときは商品名で決めるのではなく、栄養成分表を見て買うものを決めるようにして下さい。

 

カロリーは一日単位で、自身の消費カロリー以下になること。現時点で何カロリーを摂取していることを把握すること。

脂質は、メインとなる食事で10グラム以下、糖質は1日で130グラム以下になるように、タンパク質は体重×1.0〜以上となること。

低脂質ダイエットで揚げ物やジャンクフードを食べるのは絶対にやってはいけないこと

コンビニには誘惑がたくさんありますよね。しかし、低脂質ダイエットに成功したいのならその誘惑に打ち勝たなくてはなりません。入り口付近のお菓子ゾーン、お弁当やお惣菜ゾーンを超えてケーキなどのデザートゾーン、そして最後にダイエット中のあなたを待っているのがそう最後の砦であるレジ横の揚げ物・ジャンクフードたちです。誘惑は常に存在しています。あなたにその誘惑に打ち勝つ心構えはありますか。

 

あなたがどんなに栄養素を確認して買い物をしたとしても、レジ横の誘惑に負けてしまっては元も子もありません。

レジ横のジャンクフードは基本的に高カロリーで高脂質、低脂質ダイエット中には禁物です。レジで精算するまで決して気を許してはいけません。精算さえしてしまえばあなたの勝ちです。そこで負けてしまい唐揚げやコロッケなどを買ってしまったらあなたの負けです。それではコンビニに関わらず、どのダイエット方法もうまくいかないかも。ぜひ打ち勝って理想の体を手に入れて下さい。

2+

MISA

19,109 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧