• HOME
  • MISA
  • スキンケア
  • まつ毛をしっかりケアするために知っておくべき3つの基礎知識【つけまつ毛】【目元】

まつ毛をしっかりケアするために知っておくべき3つの基礎知識【つけまつ毛】【目元】

まつげ
スキンケア

最近まつ毛がよく抜ける・・・

ビューラーを使ってもまつ毛がなかなかあがらなくなってきた・・・

マツエクをとったらまつ毛がスカスカで目力が無くなった・・・

このような悩みをお持ちの方はいませんか?

それ、実はまつ毛のケアを怠っていたからかもしれません!

肌や髪の毛と同様に、しっかりケアすることで

キレイなまつ毛を維持することができますよ!

この記事では知らないと損する、まつ毛のケアの基礎知識を説明していきます。

 

まつ毛の根元についたマスカラをしっかりオフする

まつげ

毎日のメイクに欠かせないマスカラ。

ロングタイプ、ボリュームタイプ、下地用と、
複数のマスカラで目元のメイクを楽しまれる方も多いと思います。

このマスカラを落とす時、みなさんはどのようにしてオフしていますか?

お湯で簡単に落ちるタイプもあれば、汗や水に強いウォータープルーフタイプもあり
落とし方はさまざまありますよね。

 

まつ毛の根本のマスカラが落ちない理由

クレンジングをそのまま目につけてダイレクトに落としている場合、
目元の摩擦により目の周りの皮膚を痛めてしまうだけでなく、
実は根元のマスカラが落とし切れていないという可能性もあるのです。

お湯でオフのタイプでも、下地を先に塗っている場合
同じように落とし切れていない可能性があります。

まつ毛にマスカラを塗ったままにしておくと、
それが酸化してまつ毛にダメージを与えやすくなってしまいます。

マスカラをしっかりオフするためには、目元用のリムーバーを使いことをオススメします。
コットンと綿棒にリムーバーを浸し、片目ずつやさしくオフしましょう。

美容液を使って健康的なまつ毛をキープ

まつげ

まつ毛を伸ばすために、まつ毛用の美容液をつかう方もいますよね。

しかし、まつ毛用の美容液はまつ毛を伸ばすためではなく、
まつ毛を抜けにくくするなどの予防効果に優れているアイテムです。

しかし現在日本では、「医薬部外品」として承認されている育毛の有効成分頭髪に関するのみで、
まつ毛に特化した成分で承認されているものはありません。

まつ毛は頭髪に比べて毛根が短く抜けやすいので、美容液で栄養を与え、
健康なまつ毛をキープするという認識で使うと良いでしょう!

「伸びた!」と実感するのは、今まで抜けていたまつ毛が
まつ毛美容液の効果で抜けにくくなっており、量が増えてふさふさしているのです。

マスカラビューラー・メイク落としでの摩擦で、まつ毛は傷んでいます。

髪の毛にトリートメントを使用するのと同じ感覚で
美容液を使うことでまつ毛を健康な状態になり、抜けにくくなることでボリュームと長さを保てますので
まつ毛美容液を積極的使うことをオススメします!

 

ビューラー自体のお手入れでまつ毛ケアの効果持続

まつげ

まつ毛をギュンっと上げると、ぱっちりな目になりますよね!

そんな、パッチリな目を作るのに欠かせないビューラーですが、ビューラーのお手入れは日頃行っていますか?

ビューラーは使ったら1回ごとにティッシュオフするなどの道具のお手入れを毎日しましょう。

ビューラーを使用した後は、目元に塗ったアイシャドウがついたり、マスカラの液がついたままになっています。

化粧品が付着したまま放置するとゴムの部分が劣化してしまい
まつ毛が切れてしまったり、抜けやすくなるといったトラブルも引き起こします。

ビューラーを使った後、ゴムの真ん中にくっきりラインが入ったもの
ゴムを替えましょう(2つで100円~程度で変えますので常備するのも良いですね)

デリケートな目元の道具は、次使うときのトラブルや衛生面のことを考えて、
1回ごとにティッシュオフし、清潔にし、ゴムは時期がきたら替えて使いましょう。

 

つけまつ毛のケア方法

まつげ

まつエク派の方もいますが、今でも根強い人気なのがつけまつ毛です。
手軽につけはずしができることから、週末限定でつけている方もいますよね!

つけまつ毛は、専用のクレンジング剤根元をやわらかくしてから、目尻から目頭の方向はがします。

前にひっぱってしまうと皮膚が伸びてしまうので横方向にゆっくりはがすのがコツです。

また、力任せにはがすことは絶対にしないでください!

接着剤がまつ毛についているので、力任せにはがしてしまうとまつ毛も一緒に抜けてしまう恐れがあります。

デリケートな皮膚やまつげに負担をかけないようにするのが大切です。

 

まつ毛用のコスメアイテムは1シーズンで使い切ること

まつげ

の粘膜周辺に使うものは1シーズンで使い切りましょう。

実際に化粧品の配合制限も粘膜に使用されることがある化粧品は最も厳しくなっています。

直接肌につけるアイライナーマスカラ、グロスなどは、
無害に見えても実は雑菌の温床になっていることがあります。
とくに目の周りに使用するものは、肌よりも吸収力の高い目の粘膜につくので、
結膜炎ものもらい、充血やかゆみを引き起こす原因になることがあります。

お気に入りのコスメを使って、目元のトラブルになったら嫌ですよね・・・

使用するたびにティッシュオフすれば、雑菌の過剰な増殖をおさえることができます。
ビューラー、アイシャドウ用のふでやチップは1回ごとにティッシュオフするようにしましょう。

アイメイク用品に限らず、どんな化粧品でも開封すると酸化が始まるため、
開封後はできるだけ
早く使い切るように心がけることが大切です。

コスメが大好きで、何個も買ってしまう!
という方は、1シーズンごとにコスメ断捨離をするのもオススメです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

まつ毛のケアは、美容液を塗るだけではありません。

化粧の落とし方から、目元に使用するコスメ用品の手入れの仕方まで

日頃うっかり見逃していたことを習慣化することで、大切なケアの第一歩になります!

まつ毛が健康だと目元もぱっちりでイキイキしてきます!

是非まつ毛ケアの基礎を実践して、ふさふさのまつ毛を手に入れましょう!

 

 

1+

MISA

19,196 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧