シミができる5つの原因とシミに効く美白のスキンケア方法

シミ改善、ニキビ
エイジングケア

シミは女性にとって、加齢とともに現れる肌のトラブルの一つですよね。

老け顔にも見えてしまい、化粧をしていてもシミが相手に見えていないか不安…。

数年前はこんなもの出来ていなかったのに…。

しかし諦めるのはまだ早いです!

シミの種類によってはセルフケアで消せるものもあります!

シミを改善するには、シミの種類にあったお手入れが大切です。

シミができる原因と効果的なお手入れ方法を覚えて、自分の悩みに応じた対策ができるようにしていきましょう。

シミができる理由は?

シミ改善

肌の一番外側にある「表皮」の奥には、シミの原因となる
黒色の色素メラニンをつくる
「メラノサイト」とうメラニンを作り出す工場のような細胞があります。

紫外線を浴びると、メラノサイトに『メラニンを作ってくださ~い』と指示をしてメラニンを作り始めます。

この指示により作られたメラニンが、表皮の細胞に受け渡されて皮膚が黒くなるのです。

通常ですと、皮膚の新陳代謝である「ターンーバー」とともに、
28日ほどでアカと一緒にメラニンを含んだ細胞が落ちるために肌は元の色に戻ります。

しかし、長年の紫外線ダメージを蓄積してしまうと、
メラニンが過剰に作られ続けターンオーバーのサイクルも乱れてしまうのです。

すると剥がれ落ちるはずのメラニンの肌が皮膚の中にとどまって蓄積を繰り返してしまい、
結果として「シミ」になってしまうのです。

シミのタイプ別の原因とスキンケア方法

シミ改善

シミといえば、何でも美白化粧品でお手入れすればいいと思っている人が多いと思いますが

シミの中にも美白成分が効くものと効かないものがあります。

シミのタイプを見極めて、より効果的なケアを行うことが大切です。

下記にシミの種類と、お手入れ方法を説明しています。

是非ご自身のお悩みのシミ改善にお役立て下さい!

1.老人性色素斑

シミ改善

できる場所・形・大きさ・色

頬骨の高い所にできやすいシミです。

直径数ミリから数十ミリの様々な大きさの丸い色素斑
薄い茶色からしだいに濃くなり、黒くはっきりしてきます。

老人性色素斑の原因

紫外線の影響や肌の老化によってメラニンが蓄積することでできます。
シミの中でも一番多いタイプで、シミの初期症状で悩む方も多い種類です。

スキンケア方法

まず紫外線を避けましょう。
UVケア商品(日焼け止め、日傘、サングラス等)で紫外線を防ぎます。

ごくごく初期の薄いシミ症状であれば
美白化粧水で改善することができます!

ただし、定着してしまった濃いものは美白化粧品での改善に限界があります。
※どうしても全て消したい方にはレーザー治療などが必要となります。

2.雀卵斑(じゃくらんはん)

シミ改善

できる場所・形・大きさ・色

雀卵斑はいわゆる「そばかす」のことです。
主に頬や鼻を中心に散らばるようにできます。

直径2~3㎜の小さな点状に広がるシミで、丸くはなく三角や四角の場合が多く
薄い茶色(褐色)のものがほとんどとなります。

雀卵斑の原因

遺伝的な要因でできる場合が多く、幼少期から思春期にかけて目だつ傾向にあります。
紫外線の影響で濃くなる場合もあるので注意が必要です。

スキンケア方法

これ以上の進行を抑えるために紫外線を避けましょう。
UVケア商品(日焼け止め、日傘、サングラス)などで紫外線を防ぐことが重要です。
遺伝的要素が強いせいか、美白化粧品の効果は残念ながらでにくいと言われています。
レーザー治療で撮ることもできますが、再発の可能性もあるようです。
※レーザーの治療は専門医への相談をオススメします。

3.炎症後色素沈着

シミ改善

できる場所・形・大きさ・色

ニキビの跡や虫刺されの跡で、傷跡が残ったものです。
赤から黒い色まで傷跡により、できる場所は大きさはさまざまです。

炎症後色素沈着の原因

ニキビの跡や虫刺され、傷などによる肌の炎症が治ったときにできるシミです。
毛抜きでムダ毛を抜いた時にも毛穴のまわりが黒い跡としてシミになることも多いです。

スキンケア方法

色素沈着系のシミには美白化粧品は効果的です!
ただし、気にしすぎてケアの時に刺激を加えてしまうとメラニンの生成を高めてしまうので
優しくこすらないようにケアすることが大切です。
※色素沈着によるシミはレーザー治療は厳禁なので注意してください。

4.肝斑(かんぱん)

シミ改善

できる場所・形・大きさ・色

頬骨あたりに左右対称にできるもの。
前額、頬、上唇、下あご、あたりにもできることがあります。
左右対称にできることが特徴で、色は淡褐色や暗褐色などさまざまあります。

肝斑の原因

紫外線による影響女性ホルモンのバランスが崩れたときにできることが多いです。
妊娠中ピルを服用していたとき、または更年期の方によく見られるシミです。

スキンケア方法

紫外線を避けましょう。
UVケア商品(日焼け止め、日傘、サングラス等)で紫外線を防ぎます。
内服薬のトラネキサム酸が効果的です!美白化粧品で薄くなることもあります。
洗顔などでの肌のこすりすぎでの発症や悪化することもあるので注意しましょう。
洗顔や化粧水を塗るときは優しくソフトにする必要があります。

最後に

いかがだったでしょうか?

シミは、残念ながら一度できてしまうとなかなか消すことができません。

ですのでシミ対策として一番有効なのは「シミをつくらせないこと」に尽きます。

そのためには

・紫外線対策を万全に行う
・美白ケアを毎日のスキンケアで習慣的に行う

ことが重要です。

これから紫外線の強い季節になってきます。

紫外線は様々な肌トラブルを起こす原因となりますので、しっかり対策をしてシミ改善につなげていきましょう。

0

MISA

19,109 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧