ニキビに効く洗顔や化粧品について最低限知っておくべき7つのこと【注意点付き】

ニキビ
スキンケア

気づいたら、うっかりできてしまったニキビ

みなさんはどのように、ニキビのケアをしていますか?

ニキビは、ひとつ「ぽつっ」とできただけでもテンションが下がりますよね…

毎日のお化粧にノリにも大きな影響を与えます。

自己判断で間違ったケアをしてしまうと、跡が残ったり
治ったと思っても同じ場所に繰り返しできてしまうことも…

この記事では正しいニキビのケアについて知っておくべき7つのことを解説します。

ニキビができないように正しい洗顔方法を知って、キレイな肌を保てるようにしていきましょう。

ニキビに効く7つの習慣

ニキビ

すでに経験があるかと思いますが、ニキビはできてから治すことが大変です。

日頃の予防が大切なのです!

うっかりできてしまったニキビや、繰り返してしまうニキビを防ぐには、
日頃のケアを欠かさずに、
バリアある正常な肌の角層を維持をするようにしていきましょう。

ここでは、正しいニキビケアの基本を説明していきます。

一番ニキビに効く「洗顔」方法

ニキビケアの基本は、しっかりと洗顔を行うことです。
摩擦や刺激を避けて、余分な皮脂をしっかりと洗い流しましょう。

しかし過剰に洗いすぎると、肌に必要な水分・油分を取り去ってしまうので、

基本的には1日2回で十分です。

ニキビケアの洗顔として、酵素洗顔やピーリング化粧品を使用する方もいるかと思います。
これらは毛穴詰まりが原因となったニキビを改善する効果が期待できますが、
肌の保湿力が下がってしまうので、洗顔後の保湿は十分に行ってください。

ニキビは汚れや菌を洗い流すことが大切ですが、
洗顔によって失われた肌の保湿をしっかりと補ってあげないと

乾燥して弱った肌が逆にニキビの原因になることも。

しっかりと洗い流した後の保湿も忘れずに行いましょう。

ニキビ予防の化粧品や洗顔料を使う

ニキビが繰り返しできてしまう部分には、ニキビ予防ができる化粧品を使いましょう。

・皮脂をおさえる効果のある成分
・ニキビ炎症をおさえる効果のある成分
・アクネ菌の殺菌や角質柔軟作用のある成分

こちらの化粧品は肌全体ではなく、顎、ほほ、おでこ、顔まわりなど、
ニキビができやすい部分に使用するのをオススメします。

化粧品や洗顔料は油分の少ないものを使う

ニキビの予防をする際は、油分の多い化粧品を使うことを避けましょう。

油分だけがニキビの原因ではありませんが、アクネ菌は油分をエサにして繁殖をしていきます。

油分の少ない化粧品や、アクネ菌のエサになりにくい
「ノンコメドジェニック※」と表示された化粧品を使う方がニキビができにくくなります。

※ノンコメドジェニック:コメドとは白ニキビと黒ニキビのことを指し、それらに効く効果があるもの

ターンオーバーの乱れを正常にして毛穴の汚れを落とす

肌の再生はターンオーバーによって繰り返されます。

しかし、さまざまな肌へのストレスや、健康状態、飲酒、喫煙、乾燥
などの要因で
ターンオーバが乱れてしまうと、肌の再生力が弱まってしまいます。

ターンオーバーを正常に保つため、バリア機能のある強い角層を維持するためには
とにかく保湿を行うことです。油分ではなく、水分で肌を十分に保湿してください。

また、鼻周りのニキビで悩んでいる方は毛穴の詰まりが気になる部分に、
綿棒でピーリング化粧品を使用して余分な角質をためないようにするのもオススメです。

【注意点】
ニキビに対する治療で頻用されるレチノメイド外用薬による刺激性皮膚炎が生じている間は、
ピーリング化粧品は皮膚炎を悪化させるため、皮膚炎が落ち着いてから使用するようにしましょう。

睡眠をとって免疫力を上げる

基本中の基本ともいる睡眠。健康のためにも睡眠は大切です。
睡眠不足になると免疫力が低下します。

睡眠不足は、体調不良を引き起こすだけでなく
免疫力が低下するためニキビの原因にもなってしまいます。

ホルモンバランスを崩し、自律神経の働きにも影響を与えますので

できるだけ規則正しい生活で十分な睡眠をとり、ホルモンバランスを整えることが大切です。

ニキビに効くビタミン系のサプリメントを摂る

ニキビにはビタミン類を取り入れることも効果的です。

ビタミンB2脂質の代謝を、ビタミンB6脂肪分解をコントロールするもので

不足するとニキビができやすくなります。

ビタミンAβーカロチンはニキビの炎症を防ぎます。

これらを豊富に含む食事を心がけ、足りないときはサプリメントの力を借りましょう。

ニキビを悪化させる便秘を解消する

便秘ニキビを悪化させる原因になると言われています。

コンビニのお弁当や、カップラーメン、お菓子など

不規則な生活をしていると便秘の原因になります。

便秘はニキビだけではなく、肌トラブルの要因になりやすいですし健康にもよくありません。

食物繊維の多い食事をとるようにしたり、水分をしっかりとることが大切です。

規則正しい生活を心がけ、便秘に注意しましょう。

ニキビができたときの注意点

ニキビ

もしニキビができてしまったときは、ニキビ予防の基本と合わせて

次のことに注意してニキビケアをしていきましょう。

ニキビを潰すとニキビ跡に

ニキビができてしまったとき、自分でつぶすことは絶対にしないでください!

炎症を起こしたニキビをつぶすことで雑菌が入り、化膿してしまいます。

化膿すると治すまでに時間がかかりますし、治ってもアクネ菌が毛穴に残ってしまうため

同じ場所にニキビが繰り返しできてしまう原因にもなってしまいます。

過剰な洗顔はしない

ニキビができた場所は油分も多く、
ニキビ予防方法にも記した通り、洗顔で余分な油分をとり除きます。

しかし過剰な洗顔はニキビの部分の乾燥を招き、
余計な皮脂を分泌させてしまう恐れがあるのです!

洗顔をする際は、空気を巻き込むようにしっかりと泡立て、
泡をころがすように優しく洗顔をしてください。

洗顔後の保湿も忘れずに行なってください。

髪の毛が触れないようにする

ニキビができると、ついつい髪の毛で隠したくなりますよね…
しかし、髪の毛で隠すとはオススメできません。

ニキビに髪の毛があたると、炎症箇所への刺激になり、
髪の毛についた雑菌がつくことから
ニキビの悪化に繋がるのです…

恥ずかしい気持ちもわかりますが、ニキビを早く正確に治したいのであれば

なるべくニキビ箇所には何も触れないようにしておきましょう。

ニキビを手で触らない

ニキビが気になって、ついつい手で触ってしまう…
手には見えない雑菌がいっぱいです。

その手でニキビをむやみやたらに触るとどうなるでしょう?
髪の毛同様、ニキビに刺激を与えて手の雑菌をつけてしまうことで、
ニキビを悪化させてしまいます。

手で触る際は、ハンドソープなどで手を清潔に洗ってから触るようにしましょう。

ニキビに刺激を与えない

ニキビ部分が乾燥しないように保湿するときの

化粧水のパッティングパッティング接着力の強いフェイスパックの利用や

硬いスクラブでのケアはニキビに大きな刺激を与えます。

刺激を与えずに清潔な手で、優しく保湿をしてあげましょう。

油分は毛穴詰まりの原因

ニキビを隠すために、ファンデーションやコンシーラーで厚く塗ってしまう方も多いと思いますが

ニキビを早く治したいときは、
油性のメイク用品(リキッドファンデーションなど)の使用は控えましょう。

またオイル美容液油分の強いバームも、毛穴を塞ぎニキビの菌が詰まってしまうので控えましょう。

まとめ

ニキビ

いかがだったでしょうか?

ニキビのケアは予防の段階から気をつけていくことが大切です。

正しいケア方法を知るだけで、治りも早くなりますし、ニキビの悪化もおさえることができます。

ニキビができてしまった際も、つぶしたり、触ったりすると余計に悪化してしまいます…

ニキビケアを正しく知り、ニキビができない為の予防とニキビができた後のケアに注意してキレイな肌を目指していきましょう。

0

MISA

19,109 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧