食事内容を記録する!ダイエットを成功させるための食事管理メモの勧め

アーカイブ

ダイエットを成功に導くための食事管理メモの取り方について説明していきます。少し前にレコーディングダイエットって流行りましたよね。ほとんど同じものだと思って欲しいのですが、レコーディングダイエットほど厳密に取らなくても問題ありません。その方法をご説明します。

食事管理メモの役割については下記記事で紹介しています。

 

食事内容を記録するすることがダイエット成功の秘訣

 

食事メモとは?メモの仕方でダイエットが成功するか変わる

皆さんは普段メモはとりますか?メモと言えば物事を忘れないようにするものですよね。辞書では下記のように意味づけられています。

忘れないように要点を書きとどめておくこと。その書いたもの。覚え書。備忘録。

 

ダイエットとメモは一見して関係がないように思えますが、メモを取ることは実はダイエットを成功させる上で欠かせないものなんです。その理由をご説明します。

 

メモを取ることで自分の食事内容・現在地を知ることができる

これはダイエット前・ダイエット中においてとても重要なことです。

特にダイエット前においては、なぜ体が自分が望んでいるような体型でないのか、現在の自分を知るためにもメモをとれば食事内容を知ることができます。あとはその食事内容をどう改善していくか、が方法論の部分です。そのためにも、ダイエット前は一週間は必ず食事内容メモをとってからにしてください。

 

今の自分を知らずにダイエットを始めることは、地図を持たずに知らない国へ出かけるのも同じです。

 

ダイエット中においても食事内容メモを取ることは大切です。

ダイエット中では自分が思っていた結果にはならないことがよくあります、思うように体重が落ちなかったり、体重が停滞したりするからです。そんな時に食事管理メモをとっていれば何がいけないのか、今後どうしていくべきかのダイエットの指針を作ることができます。食事管理メモはダイエットする上での原点なのです。

 

食事管理メモに必要な道具

食事管理メモに必要な道具

モ用紙

可能ならノートがいいです。100円で売ってるもので十分です。毎日の食事内容を記録するものなので、メモパッドだと破かないといけなかったり、過去の内容が見れなかったりするので。

ペン

ノートが書けるものならなんでもいいです。

 

これが重要!記録していくべき内容

毎日の食事内容

具体的には、朝食・昼食・夜食に限らず、食べたもの、飲み物、口に含んだものは全て記録すべきです。特にダイエットをはじめた当初は体が普段無意識的に食べているものもあるでしょうから、食べた時に忘れないうちに記録しておくべきです。

参考例:

8月12日 体重51kg(前日-0.2g)

朝:バナナ、ミルク、ヨーグルト

昼:会社の社食(ご飯一杯、味噌汁、鮭のバターソテー、ほうれん草のおひたし)

おやつ:プロテインバー、コーヒー(ノーシュガー)

夜:鯖の味噌煮、きんぴらごぼう、レタスと大根のサラダ(ノンオイルドレッシング)

寝る前:プロテイン一杯

飲み物:水のみ

 

初めのうちは慣れないでしょうからとにかく食べたら書いてみることをお勧めします。徐々に自分だけの食事内容メモが完成するはずです。

 

食事管理メモをフル活用する

食事内容をただとっているだけでは意味がありません。食事管理メモの凄さは下記ができるようになることなんです。つまり、

 

❶一日の総カロリーを計算できるようになる。

❷PFCバランスを意識できるようになる。

 

PFCバランスとは、食事の三大栄養素(たんぱく質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate))のエネルギー比率のことをいいます。

 

❸ ❶と❷を行った上で、置き換える食事、やめる食事を決めることができる。

 

 

メモは魔法のツール?ダイエットに活用するだけでは勿体無いメモの力

この記事では食事管理メモの取り方についてお話ししてきましたが、メモの効果はそれだけではありません。普段の何気ないこと、忘れそうなことをメモをする。実はこれ逆なんです。メモは忘れそうなものを思い出すために取るものではなく、忘れるために取るものなんです。

私たちは毎日多くの情報を得られる時代に生きています、その中で朝の通勤電車で読んだ記事のことを夜には忘れていることも多いはず。大切だったはずなのになんだっけなぁと、思い出そうとするけど思い出せないことも多いのではないでしょうか。人間の記憶力は人によって違いはあるかもしれませんが、そうは変わらないと思います。コップをイメージしてみてください。情報という水がコップに注がれています、ずっと注がれ続ければそのコップはどうなりますか?溢れてしまいますよね。私たちは溢れそうになったものだけをメモしようとします。

情報が注がれるのはもう仕方がありません。今の時代に生きるのなら情報は常に必要であり、注がれ続けるものです。ならその情報の中で必要なものをすぐにメモにとり、コップから出してしまう。今必要な情報だけをコップに注ぎ、入れないものはコップに入れないか、メモを取る。こうすることで常にコップの中は溢れずに済み、必要なことは忘れずに済み、望んだ時にだけそのメモをみるようになります。

 

皆さんも、メモは忘れそうだから取るのではなく、忘れてもいいように取るようにしてみてはいかがでしょうか。

 

0

MISA

19,195 views

すべての女性を幸せにする!! Webライター2年目。 化粧品成分検定1級、Webライター検定3級、薬機法勉強中、エンタメ大好き

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧